Apple、アップデート後“文鎮化”する「watchOS 5.1」の配信停止

bio
Yusuke Sakakura

Apple、アップデート後“文鎮化”する「watchOS 5.1」の配信停止

Apple Watch向けのOS「watchOS 5.1」が配信開始から数時間後に配信停止になった。アップデートしたユーザーから“文鎮化”すると報告されていた。

アップデート後、Appleロゴが表示されたまま動かず

10月31日未明に配信された「watchOS 5.1」では、転倒検出機能(転倒後に約1分間動かなかった場合は自動的に緊急通報サービスに連絡する)が改善され、応急手当にあたってくれる人にApple Watchで点灯が検出されたことや可能な場合は位置情報を共有することを知らせるメッセージが再生されるようになった。ほかにもトランシーバーやアクティビティの不具合が解消されている。

watchOS 5.1にアップデート後、Twitterで多くのユーザーがAppleロゴが表示されたまま動かなくなったと報告しており、Apple Watchを再起動するなどしても問題は解決しないケースも確認できる。

関連記事

コメント利用規約

過激な表現を用いたコメントは修正後に投稿するか削除します

攻撃的な表現を含む場合はIPアドレスを明記して公開します

コメントを残す

(任意)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Recommendこんな記事も読まれています