「Xperia 1 III」の発売日が7月9日に決定。au版の価格は17.8万円

bio
Yusuke Sakakura

「Xperia 1 III」の発売日が7月9日に決定。au版の価格は17.8万円

ドコモ、au、ソフトバンクが2021年夏モデルとして発売するソニーのフラグシップスマートフォン「Xperia 1 III」の発売日が7月9日(金)に決定した。

当初は6月中旬以降と案内されていたが3社とも延期を発表していたが発売日がようやく決定した。

ドコモ版「Xperia 1 III」の価格は15.4万円

ソニーの「Xperia 1 III」は、世界初の4K・リフレッシュレート120Hz・HDR対応の有機ELを搭載したスマートフォン。画面サイズは6.5インチで、ゲームプレイ時に色の階調を適切に調整して標的を発見しやすくなる「L-γレイザー」に対応する。

画面の書き換え頻度を表すリフレッシュレートは120Hz。これまでのスマートフォンに比べて書き換え頻度が2倍になることで、スクロール時の動作や対応する動画やゲームの映像をなめらかに表示する。また、タッチしたのに認識されない現象(タップ抜け)を防ぐタッチサンプリングレート240Hzにも対応しているため快適にプレイ可能。

カメラはソニーのデジタル一眼カメラαの技術と高く評価されているZEISSレンズを搭載。新しい可変式望遠レンズは、1つのレンズで従来と同じ光学2.9倍ズームと、より遠くの被写体を画質劣化なしで撮影できる光学4.4倍ズームに対応。さらに、AIを組み合わせた最大12.5倍のデジタルズームが利用できるなどズーム性能が大幅に向上している。

カメラアプリはシャッタースピードやISO感度、ホワイトバランスなどを細かく設定できる本格的なマニュアル撮影が可能な「Photography Pro」を搭載。オート撮影でカンタンにきれいな写真が撮影できる通常のカメラアプリはベーシックモードとして同アプリに収録される形に。

撮影機能ではリアルタイムトラッキング機能を搭載することで人や動物に限らずどんな被写体でも自動でフォーカスして追従する。

Photography Proのマニュアルモード

Photography Proのマニュアルモード

Photography Proのベーシックモード

Photography Proのベーシックモード

サウンドではステレオ音源を立体サウンドに変換して立体的な音響を楽しめる「360 Spatial Sound」に対応。AIによる高音質化技術「DSEE Ultimate」によって音楽サブスクの圧縮音源をハイレゾ相当にアップスケーリングして高音質化する。

ドコモとauは予約受付はすでに開始。ソフトバンクは7月1日午前10時から開始する。販売価格は以下のとおり。

Xperia 1 IIIdocomoauSoftBank
端末価格4,290円 x 36回
(154,440円)
4,280円 x 23回
(178,000円)
3,930円 x 48回
(188,640円)
負担金4,290円 x 24回
(102,960円)
4,280円 x 23回
(98,440円)
3,930円 x 24回
(94,320円)

スマホおかえしプログラム」に加入して24回支払いしたあと、機種を返却した場合の負担金です

かえトクプログラム」に加入して25ヵ月目までに新機種に買い替えて機種を返却した場合の負担金です

トクするサポート+」に加入して25ヶ月目に指定機種の購入および端末を返却した場合の負担金です

オンラインショップで購入

docomo

au

SoftBank

関連記事

コメント利用規約

過激な表現を用いたコメントは修正後に投稿するか削除します

攻撃的な表現を含む場合はIPアドレスを明記して公開します

コメントを残す

(任意)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Recommendこんな記事も読まれています