Xperia 1 IIIの“OSアップデートが1回のみ”は誤報。最低でも1回とソニーが案内

bio
Yusuke Sakakura

Xperia 1 IIIの“OSアップデートが1回のみ”は誤報。最低でも1回とソニーが案内

2021年夏モデルとして発売された「Xperia 1 III」(エクスペリアワンマークスリー)に提供するアップデートについてソニーがセキュリティアップデートは2年間、OSアップデートは少なくとも1回と案内した。

Googleは最低3年間のアップデート提供を保証。SamsungがOSアップデートを3世代にわたって提供すると発表し、2019年以降に発売された機種については最低4年間のセキュリティアップデートを提供するなかで、15万〜18万円と高額なスマートフォンに対するアップデート提供がたった2年間に限定されるのであれば残念だ。

ソフトバンクはXperia 1にAndroid 11提供せず

当初、オランダのDrodAppがソニーに確認した結果、Xperia 1 IIIのOSアップデートが1回、セキュリティアップデートは2年間だけと報じたが、後に誤った情報が伝えられていたことがわかり、複数の海外メディアがソニーに事実を確認したところ以下のような回答を得たようだ。

回答は「Xperia 1 IIIに提供されるAndroid OSアップデートがたった1回という情報は誤り。Xperia 1 IIIには、発売から2年間にわたって最新のAndroidアップデートを提供し、その期間中に1回以上のAndroid OSアップデートを提供予定している」というもの。

It is not correct that Xperia 1 III will have only one time Android OS update. We aim to support Xperia 1 III with the latest Android updates for two years after its launch and we expect to have Android OS updates more than once during that period.

発売時のXperia 1 IIIはAndroid 11を搭載しているため、今年秋に公開の“史上最大のデザイン変更”を行うAndroid 12へのアップデートで終了する可能性もある。

Xperia Ace IIのようなエントリーモデルならまだしもXperia 1 IIIのような機種代金が15万円も超えるスマートフォンを購入したユーザーは満足しないだろう。

アップデートの提供については販売地域や購入元によって異なる場合があるが、ソニーが3年前に発売したXperia XZ2向けに、2019年にAndroid 9と2020年にAndroid 10が配信されていて、セキュリティアップデートは2020年5月が最後になっている。ソフトバンク版はOSアップデートがAndroid 9、セキュリティアップデートは2019年7月配信分が最後のようだ。

2年前に発売されたXperia 1についてはAndroid 11のOSアップデートと2021年6月のアップデートが提供されているが、ソフトバンク版はAndroid 11対応OSバージョンアップ対象機種に名前がなく現在まで提供されていない。

関連記事

コメント利用規約

過激な表現を用いたコメントは修正後に投稿するか削除します

攻撃的な表現を含む場合はIPアドレスを明記して公開します

コメントを残す

(任意)

Recommendこんな記事も読まれています