bubble bubble2 google-plus facebook facebook2 twitter instagram twitter2 cart

2015-03-10 07:00:42
  • トップページ
  • Apple Watch
  • Apple Watchと新型MacBookの発表イベントを5分で理解できるまとめ
  • Apple Watchと新型MacBookの発表イベントをたった5分で理解できるまとめ

    昨年9月に先行発表されたApple Watchですが、本日3月10日に公式発表され、発売日や販売価格などの詳細が発表されました!

    ボリュームたっぷりの発表イベントのことが5分でわかるようまとめてみました!

    12インチ、Retinaディスプレイ搭載の新型「MacBook」が登場

    これまでMacBookシリーズは薄型、軽量の「MacBook Air」とハイスペックモデルの「MacBook Pro」が展開されていましたが、いずれにも属さない新しいモデルとして「MacBook」が登場しました。

    12インチ、Retinaディスプレイ搭載の新型「MacBook」が登場

    新型「MacBook」は、Airよりも薄く、軽量。重さは1kgを切ってます

    12インチ、Retinaディスプレイ搭載の新型「MacBook」が登場

    12インチ、Retinaディスプレイ搭載の新型「MacBook」が登場

    さらに12インチのRetinaディスプレイ(2,304×1,440ピクセル、アスペクト比16:10)を搭載。

    12インチ、Retinaディスプレイ搭載の新型「MacBook」が登場

    12インチ、Retinaディスプレイ搭載の新型「MacBook」が登場

    ボディカラーはシルバーだけではなく、iPhoneのようにゴールド、スペースグレイが追加された3色展開に。背面のアップルロゴも光らなくなりました。これは地味に嬉しい。

    12インチ、Retinaディスプレイ搭載の新型「MacBook」が登場

    Wi-Fiなどのアンテナ部はプラスチックから金属製になり、ボディ全体がオールメタルに。

    12インチ、Retinaディスプレイ搭載の新型「MacBook」が登場

    中身も刷新されていて、キーボードはパンタグラフ機構からバタフライ機構に変更。40%薄く、キートップのサイズが17%も大きくなってキーが打ちやすくなりました。

    12インチ、Retinaディスプレイ搭載の新型「MacBook」が登場

    バタフライ機構によって、キーの端っこを打ってもキー全体が沈むようになり、快適なタイピングができるんだとか

    12インチ、Retinaディスプレイ搭載の新型「MacBook」が登場

    薄型でもバックライトは搭載。しかもキー1つ1つにLEDが搭載されています。

    12インチ、Retinaディスプレイ搭載の新型「MacBook」が登場

    トラックパッドも刷新。どこを押しても反応がよく、感圧センサーを搭載することで、新しく「強めのクリック」が加わり、振動する機能も備えています。

    12インチ、Retinaディスプレイ搭載の新型「MacBook」が登場

    刷新されたキーボードとトラックパッドはこんな感じ。

    12インチ、Retinaディスプレイ搭載の新型「MacBook」が登場

    MacBook Airから67%も小型になったロジックボード。Intel Core Mを搭載することで熱がほとんど発生しないため、MacBookとして初めてファンレスを実現。

    12インチ、Retinaディスプレイ搭載の新型「MacBook」が登場

    新型MacBookの中身はほとんどがバッテリー。

    12インチ、Retinaディスプレイ搭載の新型「MacBook」が登場

    バッテリーを何層も重ねることでMacBook Airの隅々までバッテリーを敷き詰め、バッテリーの持ち時間は9時間に。

    12インチ、Retinaディスプレイ搭載の新型「MacBook」が登場

    12インチ、Retinaディスプレイ搭載の新型「MacBook」が登場

    唯一の弱点とも言えるのがインターフェースで、新型MacBookには1ポートしかありません。何が1ポートって、電源・USB・ディスプレイ・HDMI・VGAを全てに対応した「USB-C」と呼ばれるポートが1つです。ただし、そのまま使えるわけではなく、2200円(USBのみ)または9500円(USB-C、HDMI、USB)の変換アダプタが必要になるとのこと。

    12インチ、Retinaディスプレイ搭載の新型「MacBook」が登場

    つまり、給電しながらiPhoneを充電したり、テザリングしたり、iPhoneアプリの実機検証したいならアダプタを買えというわけ。

    イベントではワイヤレスこそ素晴らしい!MacにはAirDropがある、AirPlayもある、Wi-Fiテザリングもある、Bluetoothの無線ヘッドフォンならBeatsやで!と熱く語られておりました。

    新型MacBookには、プロセッサとストレージの異なる2つのタイプが用意されており、256GB/1.1GHzのモデルは14万4800円(税別)、512GB/1.2GHzのモデルは18万4800円(税別)

    いずれもオプションとして1.3GHzへのグレードアップが可能なようですが、今のところ価格は公開されていません。

    新型MacBookの発売日は4月10日となっています。その他アップデートされたMacBook AirとMacBook Proは今日から発売、新型MacBookの予約開始日はアナウンスされていません。

    ▼新型MacBookの予約はこちらからどうぞ


    Apple Watchは4月24日発売、予約と展示もアリ

    昨年9月に先行発表された「Apple Watch」の公式発表も行われました。

    日本での発売は遅れるのではないかと言われていましたが、無事4月24日から一次販売国として発売されることが発表されました。

    12インチ、Retinaディスプレイ搭載の新型「MacBook」が登場

    予約は4月10日から開始され、同日よりApple Storeや伊勢丹などで展示も行われ、実際に装着して使用感なども体験することができます。

    12インチ、Retinaディスプレイ搭載の新型「MacBook」が登場

    価格は、各エディションとバンドによって異なりますが、1番安いボディにアルミニウムを採用した「Apple Watch Sports」は、4万2800円から4万8800円、真ん中のクラスでボディにスチールを採用した「Apple Watch」は、6万6800円から13万2800円、ボディに18金を採用した最上級モデルの「Apple Watch Edition」は128万から218万円となっています。

    気になるバッテリーの持ち時間は1日で、時間に換算すると18時間。24時間から睡眠時間を引くと大体1日は使えるということみたいです。

    12インチ、Retinaディスプレイ搭載の新型「MacBook」が登場

    注目されていた防水性能についてはIPX7等級に。一般的な防水対応とされるスマートフォンやタブレットはIPX7等級となっていますが、アップルは「防沫性能と耐水性能を備えていますが、防水性能はありません」と案内しています。

    Yusuke Sakakura スマートフォンやガジェットが大好きです。座右の銘は"新しいガジェットが増えたことを誇るよりも、使わないガジェットが増えたことを恥じろ"。ガジェットの購入は計画的に。
    この記事も読まれてます!

    コメントを残す

    (任意)
    (任意)

    Apple Watchの人気エントリー

    Sorry. No data so far.

    本日の人気エントリー
    今週の人気エントリー