bubble bubble2 google-plus facebook facebook2 twitter instagram twitter2 cart

2016-04-09 09:42:47
  • トップページ
  • Apple Watch
  • Apple Watch2、最大40%薄型化されて6月に発表か
  • 最大40%薄型化された「Apple Watch2」が6月に発表か

    アップルが3月に開催したスペシャルイベントでは、新製品のiPhone SEとiPad Proが発表されましたが、「Apple Watch」の後継モデルの発表はありませんでした。

    初代モデルとしては、iPhoneやiPadのような成功を収めることができなかったとみられるApple Watchの発売サイクルは、iPhone・iPadのような1年に1モデルよりも少なくなると見ていましたが、次期Apple Watchが6月にも発表されると報じられています。

    Apple Watch 2」、20〜40%薄型化

    アナリストであるブライアン・ホワイト氏のレポートによると、後継モデルの「Apple Watch 2」は、20〜40%薄型化を実現して2〜3ヶ月以内に登場するとのこと。

    現行モデルの厚みは10.5mmであるため、「Apple Watch 2」の厚さは、6.3〜8.4mmになる可能性があります。

    発表の場は現地時間6月13日の開催が噂されている開発者向けイベント「WWDC 2016」になるのではないかと報告しています。

    Finally, we walked away with the sense that the Apple Watch refresh will not occur in September with the iPhone 7, but is more likely to occur within the next 2-3 months, and thus we believe an unveiling at WWDC in June makes sense. We believe Apple Watch 2 could be 20-40% thinner than the current Apple Watch.

    引用元:Up to 40% Thinner Apple Watch 2 Predicted to Debut at WWDC in June – Mac Rumors

    Apple Watchは、昨年末から量販店を中心に値下げセールが実施されており、今年3月からは直営のApple Storeも含めて正式に値下げが実施されました。もしかすると、次期モデルの販売を見据えて在庫整理を始めたのでしょうか。

    大幅な薄型化は、不満の多い電池持ちに影響あり?

    Apple Watchが発売された当初、それまで腕時計を使用していた人は、18時間しか持たないバッテリーに対する不満の声がよく聞かれました。

    20%〜40%の薄型化が実施されるのであれば、バッテリーにも大きな影響がありそうですが、iPhoneやiPadでは、薄型化が何度も実施されたものの、プロセッサの性能向上によって電池持ちが向上することがほとんどでした。次期「Apple Watch」もそのようになるのではないでしょうか。

    最大40%薄型化された「Apple Watch2」が6月に発表か

    そのほかにも、時刻を確認するために腕を上げてもディスプレイが表示されず、現在時刻を確認するのにストレスを感じる、基本動作がモッサリしているとの声もよく聞かれます。

    個人的には、ワークアウト時など指が湿っている状態でタッチパネルを操作すると、反応が非常に鈍くなる問題の改善や、Lightningケーブルによる充電に対応して欲しいところです。

    Yusuke Sakakura スマートフォンやガジェットが大好きです。座右の銘は"新しいガジェットが増えたことを誇るよりも、使わないガジェットが増えたことを恥じろ"。ガジェットの購入は計画的に。
    この記事も読まれてます!

    コメントを残す

    (任意)
    (任意)

    Apple Watchの人気エントリー

    Sorry. No data so far.

    本日の人気エントリー
    今週の人気エントリー