bubble bubble2 google-plus facebook facebook2 twitter instagram twitter2 cart

  • トップページ
  • iPhone X / 8
  • 「iPhone X」を買ったら設定しておきたいこと10のこと
  • iPhone Xを買ったら設定しておきたいこと10個

    2017年11月3日に発売された「iPhone X」(レビュー記事)では、ホームボタンの廃止をはじめとして顔認証「Face ID」、Super Retinaディスプレイ(有機EL)、ワイヤレス充電など新機能や変更点が存在する。

    操作方法はもちろん、設定項目もこれまでのiPhoneと異なる部分も多い。この記事では「iPhone X」を買ったら設定しておきたいオススメの項目を解説する。

    目次

    Super Retinaディスプレイの“焼き付き”を防止する

    「iPhone X」で初めて搭載されたSuper Retinaは発色が良く、高精細、省電力で薄型といったメリットをそのままに明るさ、広色域、色の再現性といった有機ELの弱点も克服した新しいディスプレイだ。

    その一方で焼き付きや残像といった有機EL特有の問題は残ったままになっている。Appleはこういった問題に対処したようだが、問題の存在自体は認めている。焼き付きが発生してしまうと画面を交換修理しない限り元に戻ることはない。

    有機ELの焼き付きを防止するには画面の明るさ変更、自動ロックを短くするといった方法が効果的だ。理由は以下の記事で詳しく解説している。

    画面の明るさを変更する

    画面の明るさを変更するには設定から「画面表示と明るさ」に進んで“明るさ”のバーを左側にスライドする。

    ディスプレイの明るさを変更する ディスプレイの明るさを変更する
    設定画面から明るさを変更する

    ステータスバーの右側を下にスワイプしてコントロールセンターを起動後、明るさ調整バーを下にスライドすることでも明るさを変更することが可能だ。

    画面の明るさを変更する

    コントロールセンターで明るさを変更する

    明るさの自動調節をオフにする

    画面の明るさを変更しても自動調整機能をオフにしない限り、周囲の環境に応じて明るさが自動で変更されてしまう。自動調整をオフにすると不便になるが、焼き付きを絶対防止したいのであればオフにすることをオススメする。

    明るさの自動調整をオフにするには設定から「一般」→「アクセシビリティ」に進む。

    明るさの自動調節をオフにする 明るさの自動調節をオフにする
    「一般」→「アクセシビリティ」

    さらに、「ディスプレイ調整」を選択して「明るさの自動調節」をオフにすると、画面の明るさが固定される。

    明るさの自動調節をオフにする 明るさの自動調節をオフにする
    明るさの自動調節をオフにする

    自動ロックを短くする

    焼き付きを防ぐにはSuper Retinaディスプレイにできるだけ負荷を与えないことが重要。明るさを抑えるだけでなく、自動ロックによってディスプレイがオフになるまでの時間を短くすることで焼き付きの対策になる。

    設定から「画面表示と明るさ」→「自動ロック」に進んで時間をディスプレイがオフになるまでの時間を選択する。初期状態では30秒に設定されているが、これでは短すぎるので2分がオススメだ。

    自動ロックを短くする 自動ロックを短くする
    自動ロックまでの時間を短くする

    片手モード「簡易アクセス」をオンにする

    「iPhone X」のディスプレイはこれまでのiPhoneよりも画面が縦に長くなったことで画面上部のボタンやアイコンに指が届きづらくなってしまった。そんな問題を解消する機能が「簡易アクセス」だ。

    簡易アクセスは大画面化されたiPhone 6/iPhone 6 Plus以降のモデルで利用できるようになった機能だが、「iPhone X」で利用するにはiOSのアップデートと設定が必要になる。

    iOSを最新版にアップデートする

    発売直後の「iPhone X」にはiOS 11.0.1がインストールされているが、iPhone X向けの簡易アクセスが追加されたのは「iOS 11.1」のため、OSを最新化する必要がある。

    iOSのアップデートするには設定から「一般」→「ソフトウェア・アップデート」に進む。

    iOSを最新版にアップデートする iOSを最新版にアップデートする
    「一般」→「ソフトウェア・アップデート」

    「ダウンロードとインストール」をタップしてパスコードを入力すると、iOS 11.1へのアップデートがスタートする。

    iOSを最新版にアップデートする iOSを最新版にアップデートする
    iOSを最新版にアップデートする

    「簡易アクセス」をオンにする

    「iOS 11.1」以降にアップデートしたら、簡易アクセスをオンにするため、設定画面から「一般」→「アクセシビリティ」に進む。

    「簡易アクセス」をオンにする 「簡易アクセス」をオンにする
    簡易アクセスをオンにする

    画面を少し下にスクロールして「簡易アクセス」のスイッチをオンにすると簡易アクセスがオンになる。あとは画面下部に表示されている細いバー「ホームインジケータ」を下にスワイプすると画面が下にスライドして画面上部のボタンにも指が届くようになる。

    「簡易アクセス」をオンにする 「簡易アクセス」をオンにする
    簡易アクセスをオンにする

    電池残量をパーセント表示できるウィジェットを追加する

    「iPhone X」はフルディスプレイの採用によってステータスバーが左右に分割され、表示面積が狭くなってしまった。これにより電池残量をパーセント表示できるオプションが削除されている。

    バッテリー残量をパーセントで常時表示する方法はもうない。コントロールセンターを起動するか、追加したバッテリーウィジェットを確認する必要がある。

    バッテリー残量をパーセント表示で確認できるウィジェットを追加するにはホーム画面の一番左にある“今日の表示”にアクセスしたあと一番下にスクロールして「編集」をタップする。

    電池残量をパーセント表示できるウィジェットを追加する 電池残量をパーセント表示できるウィジェットを追加する
    ホーム画面の一番左にある“今日の表示”にアクセス

    バッテリーウィジェットの横にある「+」アイコンをタップ後、画面右の「≡」をドラッグして表示順序を調整したら画面右上の「完了」をタップする。

    電池残量をパーセント表示できるウィジェットを追加する 電池残量をパーセント表示できるウィジェットを追加する
    バッテリーウィジェットを追加する

    これで“今日の表示”から電池残量をパーセント表示で確認することができる。ただし、この方法はかなり手間がかかる。アプリの起動中はいちいちホーム画面に戻る必要があるためあまりオススメできない。コントロールセンターから確認する方法がベストだろう。

    顔認証「Face ID」を設定する

    「iPhone X」で最も大きな変更のひとつが指紋認証「Touch ID」が顔認証「Face ID」に変更されたことだ。これからは画面ロックの解除はもちろん、Apple Payでの決済、有料アプリの購入など様々な場面で顔認証を利用することになる。

    実際にFace IDを利用してみると、認証速度は高速で暗闇はもちろん、明るい屋外でも難なく認証できる。机に置いたままでも利用できるため指紋認証と大きな違いはない。

    ただし、一つだけ注意が必要なのはFace IDの登録時にメガネをかけたまま顔を登録するとメガネを取った素顔の時に画面ロックを解除できなくなってしまうことがある。コンタクトレンズをメガネを併用している人は多いと思うが注意が必要だ。

    誤って登録してしまった場合や精度が悪い場合はFace IDを再度設定し直す必要がある。Face IDを設定しなおすには設定画面で「Face IDとパスコード」→「Face IDをリセット」を選択する。ここでリセットの確認メッセージは表示されず、すぐに削除されてしまうので注意が必要。

    顔認証「Face ID」を設定する 顔認証「Face ID」を設定する
    「Face IDとパスコード」→「Face IDをリセット」

    Face IDをリセットしたら、そのまま「Face IDを設定」をタップするとFace IDの登録がスタートする。

    顔認証「Face ID」を設定する 顔認証「Face ID」を設定する
    「Face IDを設定」をタップ

    画面に表示される丸い枠内に顔が収まるように「iPhone X」と顔の距離を取って(25〜50センチがベスト)、ゆっくりと円を描くように頭を動かす。同じ作業を2回繰り返すとFace IDの登録が終了する。指紋認証よりも登録はカンタンだ。

    顔認証「Face ID」を設定する 顔認証「Face ID」を設定する
    Face IDの登録方法

    なお、Face IDは機械学習を利用することで顔認証を利用する度にユーザーの顔を覚えていく。化粧をしたり、髭が生えたり、太ったり、痩せたり、サングラスやマフラー、ピアスといったアクセサリーをしてもFace IDはしっかりとユーザーを認識し、使えば使うほど精度が上がっていくので登録した直後は精度が悪いと思ってもすぐにリセットせずに少しの間様子を見ながら使ってみると良い。

    通知のプレビュー表示オプションを変更する

    顔認証「Face ID」が搭載された「iPhone X」の画面ロックの仕様はこれまでのiPhoneとは少し異なる。指紋認証を搭載したiPhoneでは画面ロックを解除すると、スグにホーム画面にアクセスできたが、顔認証の「iPhone X」ではロックを解除したあとに画面をスワイプしてホーム画面にアクセスできる。

    ロックを解除したあとにワンクッション挟まるわけだが、このワンクッションの時だけ通知の内容を表示するオプションが用意されている。以下はそのオプションを利用した時の動作内容となる。顔認証で画面ロックを解除する前は通知の内容が隠れているが、解除後だけ通知の内容が表示されている。

    通知のプレビュー表示オプションを変更する
    新しい通知の確認方法

    初期状態の「iPhone X」では、上記のように通知が隠れるが、iPhone 8以前のバックアップを利用してセットアップした場合は設定内容が引き継がれるため、ロック画面に通知の内容が表示されてしまう。初期状態に戻すには以下のとおり設定する必要がある。

    通知のプレビューオプションを変更するには設定から「通知」→「プレビューを表示」に進む。

    通知のプレビュー機能をオンにする 通知のプレビュー機能をオンにする
    「通知」→「プレビューを表示」

    オプションとして用意されている「常に」「ロックされていないときのみ」「しない」から好みの設定を選べば完了。前述したとおりロックを解除するまで通知の内容を隠すには「ロックされていないときのみ」を選択する。

    通知のプレビュー表示オプションを変更する
    「ロックされていないときのみ」を選択する

    黄色く見える画面を元に戻す

    「iPhone X」のSuper Retinaディスプレイには周囲の光に合わせて画面のホワイトバランスを調整する「TrueTone」機能が搭載された。TrueToneは暖色系の照明下では青っぽく、寒色系の照明下では黄色っぽく補正してくれる。

    ほとんどの環境下において黄色に補正されるため「iPhone X」のディスプレイは黄色っぽく見えてしまう。いわゆる尿液晶のような見え方をする。これを解消するにはTrueTone機能をオフにする必要がある。

    TrueToneをオフにするには設定から「画面表示と明るさ」に進んで「TrueTone」のスイッチをオフにすれば良い。

    TrueToneをオフにする方法 TrueToneをオフにする方法
    TrueToneのスイッチをオフにする

    また、右側のステータスバーを下にスワイプしてコントロールセンターを起動後、画面の明るさ調節ボタンを3D Touchで深くプレスして「TrueTone」をオフにすることもできる。

    TrueToneをオフにする方法 TrueToneをオフにする方法
    コントロールセンターからオフにすることも可能

    片手用キーボードをオンにする

    5.8インチのディスプレイを搭載した「iPhone X」は、4.7インチのiPhoneよりも横幅が若干大きくなっているため、文字入力時にすべてのキーに指が届かなくなった人もいるかもしれない。特にiPhone SEなど4インチのiPhoneから買い替えた人は慣れるまで大変なはず。

    そんな時に便利なのがiOS 11で追加された片手用キーボードだ。

    片手用キーボードを利用するにはキーボードが表示されている状態で左下の地球儀アイコンを長押しする。ポップアップメニューの一番下にあるキーボードアイコンをタップすると片手キーボードが利用できる。左のアイコンをタップするとキーボードが左寄せ、右のアイコンをタップすると右寄せになる。

    片手用キーボードをオンにする 片手用キーボードをオンにする
    地球儀アイコンを長押しして片手キーボードをオンにする

    写真・動画のiCloud自動同期をオフにする

    iPhoneやiPadで撮影した写真や動画はiCloudに自動アップロードされるが、「iOS 11」にはモバイルデータ通信で自動アップロードできるオプションが追加された。

    さらに、このオプションは初期状態でオンになっているため知らないうちにデータ容量を大量に消費してパケ死して速度制限がかかってしまうため、iOS 11のリリース直後に大きな問題となった。

    このオプションは手動でオフにしなければならない。設定から「写真」→「モバイルデータ通信」に進む。

    写真・動画のiCloud自動同期をオフにする 写真・動画のiCloud自動同期をオフにする
    「写真」→「モバイルデータ通信」

    さらに、「モバイルデータ通信」のスイッチをオフにするとWi-Fi接続時のみ写真や動画がアップロードされる。

    写真・動画のiCloud自動同期をオフにする
    「モバイルデータ通信」のスイッチをオフに
    この記事も読まれてます!
    Yusuke Sakakura スマートフォンやガジェットが大好きです。座右の銘は"新しいガジェットが増えたことを誇るよりも、使わないガジェットが増えたことを恥じろ"。ガジェットの購入は計画的に。

    コメントを残す

    (任意)
    (任意)

    iPhone X / 8の人気エントリー
    本日の人気エントリー
    今週の人気エントリー