bubble bubble2 google-plus facebook facebook2 twitter instagram twitter2 cart

iOS 14 新機能:iPhoneの背面タップでスクショ保存、ショートカットを呼び出す方法

iOS 14

iOS 14 新機能:iPhoneの背面タップでスクショ可能に

Appleが9月17日に配信を開始した「iOS 14」でアクセシビリティ機能の1つとして「背面タップ」が追加されました。

同機能をオンにすると、通常は電源ボタンとボリュームアップボタンを同時押しで撮影できるスクリーンショットの撮影がiPhoneの背面をタップするだけで可能になるなど特定の機能をカンタンに呼び出せる便利な機能です。

この記事では「背面タップ」の使い方を紹介します。

背面タップとは?

iOS 14で追加されたアクセシビリティの新機能「背面タップ」は名前のとおりiPhoneの背面を2回または3回タップすることで特定の機能を呼び出すことができます。

例えば、両手を使う必要があるスクリーンショットの撮影、指が届きにくいコントロールセンターや通知センターの表示、Wi-Fiを完全オフにするなどよく使うショートカット、片手モード(簡易アクセス)といった機能をiPhoneの背面をタップするだけでカンタンに呼び出せます。

なお、ケースに入れてiPhoneを利用している場合でも背面タップは利用可能です。おそらく加速度センサやジャイロセンサによってタップを検知する仕組みと予想します。なお、iPhone 7以前に発売された機種やiPod touch(第7世代)では背面タップが利用できません。

背面タップが利用できない機種
  • iPhone 7
  • iPhone 7 Plus
  • iPhone 6s
  • iPhone 6s Plus
  • iPhone SE(第1世代)
  • iPod touch(第7世代)
背面タップで設定可能な機能
  • Appスイッチャー
  • Siri
  • Spotlight
  • コントロールセンター
  • シェイク
  • スクリーンショット
  • ホーム(に戻る)
  • 音量を上げる/下げる
  • 画面をロック
  • 簡易アクセス
  • 消音
  • 通知センター
  • Assistive Touch
  • VoiceOver
  • ズーム
  • 画面のお見上げ
  • 拡大鏡
  • 反転(クラシック/スマート)
  • 下に/上にスクロール
  • ショートカット

背面タップを設定する

操作手順
  • 1. 設定画面から「アクセシビリティ」に進む
  • 2. 「タッチ」を選択
  • 3. 一番下にスクロールして「背面タップ」に進む
  • 4. 「ダブルタップ」または「トリプルタップ」を選択
  • 5. 呼び出したい機能、スクロールジェスチャ、ショートカットを選べば完了

設定画面から「タッチ」に進む

設定画面から「タッチ」に進む

背面タップで呼び出したい機能を選択

背面タップで呼び出したい機能を選択

背面タップでポイントやスマホ決済アプリを起動する

背面タップとショートカットを組み合わせることでお気に入りのアプリをカンタンに起動することもできます。

店舗によって異なるポイントカードやスマホ決済アプリはアプリを探すまでにもたつきますが、背面タップと組み合わせることで迷うことなくすぐに起動することができます。設定する方法はこちらの記事で詳しく解説しています。

関連記事

コメント利用規約

過激な表現を用いたコメントは修正後に投稿するか削除します

攻撃的な表現を含む場合はIPアドレスを明記して公開します

コメントを残す

(任意)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

プロフィールアイコン

Yusuke Sakakura

iPhone・Androidやスマートスピーカーに関するニュースはもちろん、レビューも届けるブログメディア「携帯総合研究所」主宰。元システムエンジニア、iPhoneの料金を3社間で比較できるシミュレーターの開発も

Latest新着記事

Pixelの噂・最新情報

2020/09/30
Pixel 5/4a 5G、またTwitterで公式リーク。新電池節約モードで電池持ちは最大48時間に

NTTドコモ

2020/09/29
ドコモ新社長、サブブランドについて「まだ何も考えていない」「慎重に検討」

NTTドコモ

2020/09/29
ドコモ完全子会社化で携帯料金の「値下げの余力が出てくる」と発言

NTTドコモ

2020/09/29
NTT、ドコモの完全子会社化を正式発表。年度内の完了を目指す
Recommendこんな記事も読まれています