bubble bubble2 google-plus facebook facebook2 twitter instagram twitter2 cart

  • トップページ
  • お役立ちコンテンツ
  • 国内線「ANA Wi-Fi」の使い方、料金、通信速度まとめ
  • 「ANA Wi-Fi」の使い方まとめ〜料金、通信速度、アプリなど

    2014年7月にJALが日本で初めて国内線で利用できるWi-Fiをスタートしましたが、ANAも2016年1月から国内線向けに「ANA Wi-Fiサービス」の提供を開始しています。

    ビジネス用途だけでなく、上空から撮影した写真や旅行先で撮影した写真をSNSにアップしたり、暇つぶしに動画を楽しむためにWi-Fiを利用するなど、Wi-Fiの使用目的は多様化しており、機内Wi-Fiは旅を楽しむための重要な要素の一つになっています。

    当記事では「ANA Wi-Fiサービス」の使い方、料金、接続方法、通信速度、実際に使ってみた感想などを紹介します。

    目次


    「ANA Wi-Fiサービス」の料金

    ANAのWi-Fiは無料では利用できず、お金がかかります。料金プランは「40分プラン」「フルフライトプラン」の2種類で550円から利用できます。

    支払い方法はクレジットカードとANAマイルの2通りで、クレジットカードはマスターカード/VISA/JCB/アメリカン・エキスプレス/ダイナーズの5種類です。

    ANA Wi-Fiサービス 料金プラン表

    40分プランフルフライトプラン
    利用時間40分無制限
    ※離陸の約5分後〜着陸の約5分前まで
    料金/マイル550円/550マイル1,050円/1,050マイル

    「ANA Wi-Fiサービス」が利用できる機体

    ANAのWi-Fiは全ての航空機で利用できるわけではありません。

    サービス開始時点の対応機体はB777-300型の1機種で、今後、B777/B787/B767/B737/A320のすべてのクラスで利用できるよう順次展開する予定です。

    なお、2018年3月までには合計約100機がANA Wi-Fiサービスに対応する計画です。

    Wi-Fiサービスが利用できるか確認する方法

    対応機体が限定されているため、搭乗する便がANA Wi-Fiサービスに対応しているのか気になるところ。

    JALのWi-Fiは空席照会サービスを使って搭乗前にWi-Fiに対応しているのか確認することができますが、ANAの場合は事前にWi-Fiに対応しているのか確認できません。

    確認できるタイミングは搭乗する直前で、機内の入り口付近に「ANA Wi-Fiサービス」のステッカーがあればWi-Fiを利用できます。

    「ANA Wi-Fi」の使い方まとめ〜料金、通信速度、アプリなど

    また、「ANA Wi-Fiサービス」に対応している機体には座席前のポケットに青色の小冊子が入っています。

    「ANA Wi-Fi」の使い方まとめ〜料金、通信速度、アプリなど

    「ANA Wi-Fiサービス」の接続方法

    アプリ不要でANA Wi-Fiに接続する方法

    アプリ不要でANA Wi-Fiに接続する方法 - iOS

    まずはホーム画面から「設定」をタップします。

    アプリ不要でANA Wi-Fiに接続する方法 - iOS

    「機内モード」のスイッチをオンにします。

    アプリ不要でANA Wi-Fiに接続する方法 - iOS

    続いて「Wi-Fi」に進みます。

    アプリ不要でANA Wi-Fiに接続する方法 - iOS

    Wi-Fiのスイッチをオンにして、“ネットワークを選択”から「ANA-WiFi-Service」をタップします。

    アプリ不要でANA Wi-Fiに接続する方法 - iOS

    Safariを起動すると、「ANA Wi-Fiサービス」のポータルサイトが表示されます。

    アプリ不要でANA Wi-Fiに接続する方法 - Android

    まずはスマートフォンの設定画面を表示して「もっと見る」を選択します。

    アプリ不要でANA Wi-Fiに接続する方法 - Android

    「機内モード」のスイッチをオンにします。

    アプリ不要でANA Wi-Fiに接続する方法 - Android

    設定画面に戻って今度は「Wi-Fi」を選択します。

    アプリ不要でANA Wi-Fiに接続する方法 - Android

    「ANA-WiFi-Service」をタップしましょう。

    アプリ不要でANA Wi-Fiに接続する方法 - Android

    直後に通知が表示されるので、通知をタップします。

    (※以降の説明はiPhoneの画面で進めますが、画面の内容はAndroidでも変わりません)

    アプリ不要でANA Wi-Fiに接続する方法 - iOS

    「インターネット接続はこちら」をタップしましょう。

    アプリ不要でANA Wi-Fiに接続する方法 - iOS

    料金プランが表示されるので“40分プラン”または“フルフライトプラン”を選択します。料金プランの詳細についてはこちらを参考にしてください。

    アプリ不要でANA Wi-Fiに接続する方法 - iOS

    ANA Wi-Fi サービスを利用するのはユーザー登録が必要になります。

    アプリ不要でANA Wi-Fiに接続する方法 - iOS

    ユーザー名や名前、メールアドレス、パスワードなどを入力して「次へ」ボタンをタップします。

    アプリ不要でANA Wi-Fiに接続する方法 - iOS

    次にパスワードを忘れた場合に必要になる“秘密の質問”を入力して「次へ」をタップします。

    アプリ不要でANA Wi-Fiに接続する方法 - iOS

    ユーザー規約が表示されるので「同意する」をタップします。

    アプリ不要でANA Wi-Fiに接続する方法 - iOS

    最後に支払い方法を選択します。支払い方法は“クレジットカード”と“ANAマイル”の2通りから選ぶことができます。

    アプリ不要でANA Wi-Fiに接続する方法 - iOS

    支払い方法を決めると“インターネットに接続されました”と表示されます。これで接続は完了です。

    ANAアプリでANA Wi-Fiを利用する

    事前にANAのアプリをインストールしておけば、ブラウザよりもカンタンにWi-Fiを利用することができます。

    アプリ不要でANA Wi-Fiに接続する方法 - iOS

    ANAのアプリを起動したら「Menu」をタップします。

    アプリ不要でANA Wi-Fiに接続する方法 - iOS

    画面左にメニューが表示されるので下にスクロールして「国内線 機内WiFi」を選択します。

    アプリ不要でANA Wi-Fiに接続する方法 - iOS

    続けて「接続」をタップします。

    アプリ不要でANA Wi-Fiに接続する方法 - iOS

    Safariを起動すると、「ANA Wi-Fiサービス」のポータルサイトが表示されます。

    アプリ不要でANA Wi-Fiに接続する方法 - iOS

    「インターネット接続はこちら」をタップしましょう。

    アプリ不要でANA Wi-Fiに接続する方法 - iOS

    料金プランが表示されるので“40分プラン”または“フルフライトプラン”を選択します。料金プランの詳細についてはこちらを参考にしてください。

    アプリ不要でANA Wi-Fiに接続する方法 - iOS

    ANA Wi-Fi サービスを利用するのはユーザー登録が必要になります。

    アプリ不要でANA Wi-Fiに接続する方法 - iOS

    ユーザー名や名前、メールアドレス、パスワードなどを入力して「次へ」ボタンをタップします。

    アプリ不要でANA Wi-Fiに接続する方法 - iOS

    次にパスワードを忘れた場合に必要になる“秘密の質問”を入力して「次へ」をタップします。

    アプリ不要でANA Wi-Fiに接続する方法 - iOS

    ユーザー規約が表示されるので「同意する」をタップします。

    アプリ不要でANA Wi-Fiに接続する方法 - iOS

    最後に支払い方法を選択します。支払い方法は“クレジットカード”と“ANAマイル”の2通りから選ぶことができます。

    アプリ不要でANA Wi-Fiに接続する方法 - iOS

    支払い方法を決めると“インターネットに接続されました”と表示されます。これで接続は完了です。

    「ANA Wi-Fiサービス」の通信速度

    気になるANA Wi-Fiの通信速度を計測してみました。

    「ANA Wi-Fiサービス」の通信速度

    「RBB SPEED TEST」アプリで計測したところ、下りの通信速度は約2MB前後、上りの通信速度は0.10MB前後、データを送信してから応答が返ってくるまでの所要時間を表すpingは900ms前後でした。

    いずれもかなり数値が低くく、体感としても快適に通信できるという状態ではありませんでした。下りの通信速度は低すぎるというものではありませんが、pingの数値が高すぎるため、お昼など混雑時の格安スマホよりも遥かに遅く感じます。

    なお、データ容量が15MBを超えると一時的に通信速度が遅くなるため、アプリのダウンロードやアップデート、動画のダウンロード・アップロード・視聴には向いていません。

    「ANA Wi-Fiサービス」で楽しめるコンテンツ

    「ANA Wi-Fiサービス」ではネット接続のほかにも、テキスト形式で最新情報が楽しまる「ニュース」、おトクなクーポンをゲットできる「インフォメーション」、動画・音楽・電子書籍が楽しめる「エンターテインメント」、Wi-Fi限定商品がネット注文できる「ショッピング」、今、飛行機が飛んでいる場所を地図で確認できる「マップ」といったコンテンツが楽しめます。

    「ANA Wi-Fiサービス」で楽しめるコンテンツ

    特に充実しているのが「エンターテインメント」で、日テレジータス/日テレNEWS24/スカサカ!/CNNjといった有料チャンネルを無料で楽しめる「スカイライブTV」

    「ANA Wi-Fiサービス」で楽しめるコンテンツ

    人気ドラマ・バラエティやANAオリジナル番組を視聴できる「ビデオプログラム」

    「ANA Wi-Fiサービス」で楽しめるコンテンツ

    雑誌やマンガをスマートフォンで読める「電子書籍」

    「ANA Wi-Fiサービス」で楽しめるコンテンツ

    洋楽やJ-POP、リラクゼーションなど幅広いジャンルの音楽を楽しめる「オーディオプログラム」などを追加料金不要で楽しめます。

    なお、これらのコンテンツをすべて楽しむにはANAアプリをダウンロードする必要があります。前述したとおりANA Wi-Fiはデータ容量が15MBを超えると速度制限がかかるため、アプリは事前にダウンロードしておきましょう。

    ANA
    無料

    「ANA Wi-Fiサービス」を実際に使って感じたこと

    実際に「ANA Wi-Fiサービス」を利用しましたが、通信速度が非常に遅く、TwitterやInstagramのタイムラインを読み込むのも非常に時間がかかるため、常にストレスフルな状態でした。

    速度制限は“データ容量が15MBを超えた場合”とかなり厳しい内容のため、動画の視聴やアプリのダウンロード、アップデートなど容量のかかる用途には向いていません。(アプリで楽しめる「エンターテインメント」の動画については快適に視聴できましたが)

    今回は1,050円の「フルフライトプラン」でWi-Fiを利用しましたが、到底価格に見合うものではなく、無料で利用できたとしても使うかどうか迷うレベルのクオリティです。

    先行しているJALのWi-Fiは30分400円、距離に応じて500円〜700円(タブレット、ノートPCは500円〜1,200円)で利用できるなどANAよりも割安で、事前にWi-Fiが使えるかどうかを確認できるので利用しやすくなっています。

    また、現在は2017年8月31日まで無料キャンペーンを実施中。次はJALのWi-Fiを利用してみたいと思います。

    この記事も読まれてます!
    Yusuke Sakakura スマートフォンやガジェットが大好きです。座右の銘は"新しいガジェットが増えたことを誇るよりも、使わないガジェットが増えたことを恥じろ"。ガジェットの購入は計画的に。
    6件のコメント
    • Anonymous
      No.106313

      航空機のWIFIってどうやって通信してるのか知ってんの?
      下り2MBも出れば十分だろ

      • Yusuke Sakakura
        No.106319

        ご指摘ありがとうございます。

        文章にあるとおり下りの通信速度は低すぎるものではありませんが、pingが遅すぎるため最も重要な体感速度が遅くなっています。
        ここで重要なのは通信速度ではなくpingです。900msのping値は通常で体感できるものではありません。

        当記事はANA Wi-Fiを使うにあたって500円または1,050円を支払う価値があるのか判断してもらうためにも書いています。
        機内Wi-Fiの通信方式と通常利用している通信方式との違いはその判断材料にはなりません。判断材料になるのは通信速度または体感速度です。

    • Anonymous
      No.106337

      機内WIFIと各端末間の話ではなく機内WIFIはそもそもどうやって地上ネットワークと繋がっているんでしょうね?
      航空機が飛ぶ40000mでは携帯も圏外になる。
      どうやっているか?
      答えは衛星を介して地上ネットワークと接続しています。
      それならば当然pingも低くなるでしょう
      そもそも航空機のWIFIは動画閲覧など想定していない
      ビジネスマンが十何時間も飛ぶ間一切メール等々出来ないのは困ると言うニーズから生まれ、それが国内線機にも波及しただけのもの。

      そう言う向けですよという記事ならまだしも、ただ高い、遅い、使えないという記事を書くのはどうなんでしょうね?

      • Yusuke Sakakura
        No.106338

        もう少し記事を読んでからご指摘頂きたいのですが、言及したのはコストパフォーマンスの話しで料金が他社と比較して高いとは書いていません。pingが原因で通信速度が遅いのは確かですが、使えないとは書いていません。
        Wi-Fiの接続方法や利用するにあたっての注意点、ANA Wi-Fiでどのようなコンテンツが楽しめるか、料金体系にも言及していますし、動画視聴には適さないとも書いています。ただ高い、遅い、使えないとは思っていませんし、そのような記事にはなっていません。

        機内Wi-Fiの発端はビジネス用途かもしれませんが、記事にあるとおりANA Wi-Fiはエンタメ系も豊富に取り揃えていて“機内Wi-Fiがビジネス用途”という時代は過ぎ去りつつあります。
        他社の動きであればJALは旅行シーズンの冬から夏までに無料キャンペーンを展開するなどターゲットを拡大させていることからもWi-Fiがビジネス用途というのは今の時代には当てはまらないでしょう。

    • Anonymous
      No.106350

      一端の物書きならもう少し書き方に考えてもらいたいものですがどう読み込んでも高い遅い使えないことを主張したいとしかこの記事からは読み取れません
      筆者の意図がどうであれ、読み手がそういう印象を受けてしまうんですがもう少し考えた方がいいんじゃないですかね。

      ビジネスニーズが過ぎ去りつつあろうがなかろうが今の技術では現状以上の環境を作り出すことは無理なので。

      以上

      • Anonymous
        No.106351

        管理人さんはただのいちゃもんに付き合わなくていいのでは?
        私もANAのWi-Fi使いましたけど管理人さんの感想と同じです。ツイッターに上がってるANAWi-Fiに対する評価はもっと厳しいものですよ

    コメントを残す

    (任意)
    (任意)

    お役立ちコンテンツの人気エントリー

    まだデータがありません。

    本日の人気エントリー

    まだデータがありません。

    今週の人気エントリー