bubble bubble2 google-plus facebook facebook2 twitter instagram twitter2 cart

LISMOに仮想CDを読み込ませる方法

お役立ちコンテンツ

LISMOに仮想CDを読み込ませる方法

作成した仮想CDを本物のドライブのように認識される「仮想ドライブ」に読み込ませる必要があります。

仮想ドライブの作成には「DAEMON Tools」を使用しますが、最近のバージョンにはスパイウェアが埋め込まれていて間違ってインストールするとパソコンの調子が悪くなったり、個人情報が流出してしまう可能性があるので、必ずインストールする際に設定を変更する必要があります。


「DAEMON Tools」に仮想CDを読み込ませたら、あとは普通のCDと同じ様にLISMOでデータを読み込むだけOKです。

あとはLISMOが仮想CDを本物のCDと読み込んで、仮想CDから曲をリッピングし、携帯内へ転送してくれます。


これでもう400円以上の金を出して着うたフルを購入する必要がなくなるぞ!
用意するもの用意するもの。

・DAEMON Tools


DAEMON Toolsをスパイウェアに感染しないように設定する。DAEMON Toolsをスパイウェアに感染しないように設定する。

ダウンロードしたファイルを実行し、インストール。

インストール中に「Choose Components」というタイトルが表示され、真ん中に「Select components to install」が表示され、右側に選択肢のボックスが出てくる。
そこの選択肢の「DAEMON Tools Search Bar」のチェックを外す。
外さないとスパイウェアの被害に遭うので注意してください。
※もし被害にあった場合は自己責任でお願いします。

インストールが終わったら、パソコンを再起動します。
再起動後、DAEMON Toolsを起動。
メニューから「デバイスx:」(xは数字)をクリック。
作成したCUEファイルを指定します。


仮想CDをLISMOにブチ込む。仮想CDをLISMOにブチ込む。
携帯に付属してるCD-ROMからLISMOをインストールする。
インストール後、LISMOを起動し、「MUSIC LIBRARY」のタブを選んで「CD読み込み」をクリックします。

LISMOの曲名欄で右クリックメニューでプロパティを選択すると、曲名や歌手名など曲に関する情報を打ち込むことができます。
これは携帯でも表示されることになるので必ず設定しておきましょう。

コメントを残す

コメントは承認後に表示されます

過激な表現を用いたコメントは修正後に投稿するか削除します

(任意)
(任意)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

プロフィールアイコン

Yusuke Sakakura

iPhone・Androidやスマートスピーカーに関するニュースはもちろん、レビューも届けるブログメディア「携帯総合研究所」主宰。元システムエンジニア、iPhoneの料金を3社間で比較できるシミュレーターの開発も

Latest新着記事

Amazon

2019/03/21
ついに第10世代目 低価格「Kindle」がフロントライト搭載で新登場

AirPods

2019/03/21
何が変わった?新しい第2世代「AirPods」と第1世代の違いを比較

AirPods

2019/03/20
速報:新型「AirPods」が登場。ワイヤレス充電とHey Siriに対応、遅延も30%改善

楽天モバイルネットワーク

2019/03/20
更新:総務省、新規参入の楽天を優遇か 分離プラン義務化の対象外に?
Recommendこんな記事も読まれています