Google「Nexus One」の部品原価は約1万5000円。

Android

Google「Nexus One」の部品原価は約1万5000円。


米iSuppiがGoogleのAndroidケータイ「Nexus One」の原価分析結果を発表しました。それによると部品原価は約1万5847円(174.15ドル)とのこと。

製造コストやソフトウェア開発費を含めない価格です。

グーグル携帯の部品コストは174ドル、小売価格と大きな差=調査 | テクノロジーニュース | Reuters

iSuppliの分析結果によれば、「Nexus One」に搭載されている部品で最も原価が高いのはQualcomm製のCPUである「Snapdragon」で推定原価は約2775円(30.5ドル)。これは「Nexus One」の原価全体の約20%を占める割合となっています。

次に高額なのはSamsung Mobile Display製のアクティブ・マトリックス式有機ELで推定原価は2156円(23.7ドル)となっています。

「Nexus One」は、オンラインにてSIMロックフリー版が4万8139円(529ドル)で、T-Mobileと2年間の契約を結ぶ場合は1万6289円(179ドル)で販売されています。
こうみると、コストに対して販売価格が高すぎると思うかもしれませんが、製造コストとソフトウェア開発費が入っていませんからね。

ちなみに、iSuppliが発表したiPhone 3GSの部品原価は1万5693円(172.46ドル)となっています。

関連記事

コメント

コメント利用規約

過激な表現を用いたコメントは修正後に投稿するか削除します

攻撃的な表現を含む場合はIPアドレスを明記して公開します

コメントを残す

(任意)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

プロフィールアイコン

Yusuke Sakakura

iPhone・Androidやスマートスピーカーに関するニュースはもちろん、レビューも届けるブログメディア「携帯総合研究所」主宰。元システムエンジニア、iPhoneの料金を4社間で比較できるシミュレーターの開発も

Latest新着記事

ニュース

2021/02/26
キャリアメール持ち運び、総務省「ahamoも対象にすべき。来夏までの実現が適当」

au

2021/02/26
ドコモとKDDI、解約手続きページを検索結果から除外。総務省指摘で修正

Twitterニュース

2021/02/26
Twitterで収益化。月500円の投げ銭“スーパーフォロー”発表

NTTドコモ

2021/02/25
ドコモ社長、ahamoの値下げ「やらない」と明言。先行申込は150万超
Recommendこんな記事も読まれています