AndroidがiPhoneのシェアを上回る。

bio
Yusuke Sakakura

AndroidがiPhoneのシェアを上回る。


スマートフォン市場で急速にシェアを伸ばしているAndroidが2010年第2四半期にてiPhoneのシェアを上回ったようです。

満足度はiPhoneが上。

Androidスマートフォンの出荷台数が886%に増加、iPhoneのシェアを上回る – GIGAZINE

リサーチ会社Canalysによると、全世界のスマートフォン市場全体の出荷台数は前年比で64%増加し、Googleが開発した「Nexus One」やソニー・エリクソンの「Xperia」、Motorolaの「Droid」、サムスン電子の「Galaxy S」が採用した「Android」で前年比の出荷台数が886%となったようです。

また、リサーチ会社Nielsenによると、Androidが急速にシェアを伸ばし、新規ユーザー間のシェアにて2010年2四半期にiPhoneのシェアを抜いたとのこと。

しかしながら、次に使いたいスマートフォンは?という質問に対し、iPhoneユーザーは89%が「次もiPhoneを使いたい」としていますが、Androidユーザーは71%のユーザーが「次もAndroidを使いたい」と答え、満足度ではiPhoneがAndroidを上回っているようです。

このリサーチ結果に対して、iPhone 4の買い控えがあったため、AndroidがiPhoneのシェアを抜いたとする見方が大半のようですね。

満足度に関しては現在世に出まわっているAndroidの55%がAndroid 2.1で22%がAndroid 1.6、19%がAndroid 1.5となっており、6月に発表されたAndroid 2.2-Froyoが搭載されているAndroidケータイはたったの3%というバージョンシェア結果がでています。
Android 2.2はiPhoneを上回ったという意見もよく聞かれることからAndroidの満足度が上がるのはまだまだこれからかなと。逆にAndroid 2.1までのOSで7割のユーザーが満足していることが意外でした。

関連記事

コメント

コメント利用規約

過激な表現を用いたコメントは修正後に投稿するか削除します

攻撃的な表現を含む場合はIPアドレスを明記して公開します

tasogare_ya へ返信する コメントをキャンセル

(任意)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Recommendこんな記事も読まれています