東芝、Android 3.0搭載の「レグザタブレット」を発表!

bio
Yusuke Sakakura

東芝、Android 3.0搭載の「レグザタブレット」を発表!


東芝がタブレットPC向けのAndroid OSであるAndroid 3.0を搭載した「レグザタブレット」を発表しました。

「レグザタブレット」は、メインディスプレイに10.1インチのLEDとCPUに1GHzのデュアルコアプロセッサ「Tegra 2」を採用したタブレットPC。

電子書籍の音声読み上げ機能も。

スレート型タブレット REGZA Tablet AT300 トップページ

「レグザタブレット」は、メインディスプレイに10.1インチのWXGA(1280×800ドット)表示対応のLEDを採用しており、CPUには1GHzのデュアルコアプロセッサ「Tegra 2」を備えます。カメラにはメインカメラに500万画素、サブカメラに200万画素のカメラを採用しています。

通信方式は3Gはサポートせず、無線LANのみ対応しています。

電子書籍閲覧アプリ「ブックプレイスリーダー」は、電子書籍ストア「ブックプレイス」で購入した電子書籍を閲覧することができ、音声読み上げ機能「東芝スピーチ シンセシス」にて自然な音声で電子書籍を読み上げてくれます。

発売時期は6月下旬で価格は6万円前後になるとのこと。

関連記事

コメント

コメント利用規約

過激な表現を用いたコメントは修正後に投稿するか削除します

攻撃的な表現を含む場合はIPアドレスを明記して公開します

balooom へ返信する コメントをキャンセル

(任意)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Recommendこんな記事も読まれています