bubble bubble2 google-plus facebook facebook2 twitter instagram twitter2 cart

ドコモ、Android 2.3と3D静止画が撮影できるカメラを搭載した「AQUOS PHONE SH-12C」を発表!

Android

NTTドコモは、Android 2.3を搭載したシャープ製の「AQUOS PHONE SH-12C」を発表しました。
5月14日(土)から事前予約が開始され、5月20日(金)より販売が開始されます。

テザリング機能をサポート!

AQUOS PHONE SH-12C | 製品 | NTTドコモ

「AQUOS PHONE SH-12C」は、OSにAndroid 2.3を採用し、カメラに800万画素のCMOSカメラを2個搭載することで3D静止画やHDサイズ(720×1280ドット)の3D動画の撮影をサポートしたモデル。

最大の特徴は最大5台までのデバイスを無線LANに接続できる「Wi-Fiテザリング」をサポートさせていること。
「Wi-Fiテザリング」の利用にはspモードの契約が必須となり、料金の上限は1万395円となります。

さらに、日本独自機能であるワンセグやおサイフケータイ、赤外線通信機能にも対応します。

発表会の直前に新機種の発表となりました。震災の影響により、発表会が5月にズレ込んだ事でこのようなタイミングでの発表になったのかもしれませんね。
また、NTTドコモでもテザリング機能が利用可能なモデルが出てきました。iPhone人気でスマートフォン市場では他キャリアよりも強いソフトバンクモバイルにテザリング機能で対抗するといった感じでしょうか。

「AQUOS PHONE SH-12C」のスペック。
■サイズ
・約64×127×11.9mm

■重さ
・約138g

■メインディスプレイ
・約4.2インチ
・540×960ドット
・NewモバイルASV液晶
・26万2144色

■メインカメラ
・有効約800万画素CMOSカメラ(2個)

■サブカメラ
・有効約32万画素CMOSカメラ(2個)

■連続待受時間
・W-CDMA利用時:約430時間
・GSM利用時:約300時間

■連続通話時間
・W-CDMA利用時:約280分
・GSM利用時:約310分

■外部メモリ
・microSDHC(最大32GB)

■ボディカラー
・BLACK
・WHITE

■備考
・Android 2.3
・ワンセグ
・おサイフケータイ
・赤外線通信
・Wi-Fiテザリング
・下り最大14Mbps
・上り最大5.7Mbps

コメントを残す(承認後に表示されます)

(任意)
(任意)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

プロフィールアイコン

Yusuke Sakakura

iPhone・Androidやスマートスピーカーに関するニュースはもちろん、レビューも届けるブログメディア「携帯総合研究所」主宰。元システムエンジニア、iPhoneの料金を3社間で比較できるシミュレーターの開発も

Latest新着記事

セール

2018/12/17
4日間限定、Apple IDに入金すると10%分をプレゼントするキャンペーン開始

キャッシュレス

2018/12/17
Origami Pay(オリガミペイ)の使い方を解説 始め方・使えるお店・支払い方法など

LINE Pay

2018/12/17
LINE Pay(ラインペイ)の始め方 カードの使い方やチャージ、支払いまで全まとめ

LINE Pay

2018/12/16
LINE Pay(ラインペイ)の使い方 QRコード支払いや割り勘も
Recommendこんな記事も読まれています