bubble bubble2 google-plus facebook facebook2 twitter instagram twitter2 cart

ソニーモバイル、クアッドコアの「Xperia Tablet S」を発表!9月7日より米国にて発売開始。

Android

ソニーモバイルは初めてXperiaシリーズ初のタブレット「Xperia Tablet S」を発表しました。9月7日より米国にて販売されます。価格は399ドルから599ドルとなっています。
今回発表された「Xperia Tablet S」は「Sony Tablet S」の後継機にあたるモデルで、Xperiaシリーズとしてカテゴライズされています。

メインディスプレイには、9.4インチ・1280×800ピクセルのIPS液晶を搭載。樹脂を液晶パネルとガラスで挟むことにより、外光反射を抑える「オプティコントラストパネル」を採用しています。
カメラは背面とディスプレイ部の2つが備えられており、それぞれ800万画素、100万画素のCMOSカメラとなっています。

OSは最新のAndroid 4.1ではなく、Android 4.0.3を採用。CPUにはNVIDIA製のTegra3が搭載されます。コア数は4つのクアッドコアプロセッサで、1コアのクロック数は1.4GHzとなっています。RAMは1GB。

クアッドコアプロセッサということで電池持ちが気になりますが、バッテリーの容量は6000mAhとかなり大容量のものが採用されていて、Webブラウザを連続で利用した場合は約10時間、動画再生で12時間と公表されています。

ボディサイズは241.2×174.4×11.85mmでiPadよりも幅は小さく、厚みのあるサイズになっています。また、IPX4準拠の防滴仕様になっていて濡れた手で操作することができます。
※iPadのサイズは241.2×185.7×9.4 mm


価格は16GB版が399ドル、32GB版が499ドル、64GB版が599ドルとなっています。

発表前にリーク情報を何度かお伝えしましたが、純正のアクセサリはキーボード付きカバーやクレードル、アルミ製のスタンド、スピーカーを内蔵したDockなどが販売されるようです。

コメントを残す

コメント利用規約

コメントは承認後に表示されます

過激な表現を用いたコメントは修正後に投稿するか削除します

攻撃的な表現を含む場合はIPアドレスを明記してコメントを公開します

(任意)
(任意)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

プロフィールアイコン

Yusuke Sakakura

iPhone・Androidやスマートスピーカーに関するニュースはもちろん、レビューも届けるブログメディア「携帯総合研究所」主宰。元システムエンジニア、iPhoneの料金を3社間で比較できるシミュレーターの開発も

Latest新着記事

iPhone 11

2019/09/18
再更新:iPhone 11/11 Pro、RAMとバッテリー容量が判明。中国の認証機関から

NTTドコモ

2019/09/18
ドコモ、下り最大3.2Gbpsの「5Gプレサービス」を20日から開始。試作機も公開

Apple Music

2019/09/18
Perfume、サブスク解禁。全曲聴き放題に

Android

2019/09/18
Google、AirDropのようなAndroidの共有機能「Fast Share」を開発中
Recommendこんな記事も読まれています