bubble bubble2 google-plus facebook facebook2 twitter instagram twitter2 cart

いまさら「428~封鎖された渋谷で~」をドハマりプレイ中!

iPhoneおすすめアプリ

家庭用ゲーム機に発売されてから4年たってようやくAndroid向けに配信された「428~封鎖された渋谷で~」ですが、そういえば1年ほど前にiPhone版落としたけど全然プレイしてなかったなーと思い、プレイし始めたらドハマリしてしまった!
価格:¥1,800(記事投稿時)
カテゴリ:ゲーム
アプリの評価:


「428~封鎖された渋谷で~」はサウンドノベルというジャンルにカテゴライズされるんですが、たぶんパッとこないと思います。「かまいたちの夜」とか「忌火起草」あたりが有名ですかね。

ちなみに「サウンドノベル」は、開発元のスパイク・チュンソフトの登録商標だとか。

ゲームは複数の主人公が登場し、それぞれのシナリオが用意されていてシナリオはタイムチャートを元に進められます。


タイムチャートは複数の主人公間で行き来するなど、ただ読み進めて行けば良いってものではなく、ゲーム内で登場する伏線を拾ってほんのり頭をちょっと使ってゲームを進めていく必要があり、これが面白い!


また、ゲームオーバーっていう概念の代わりにBAD ENDが複数あるのもいいですね。普通はゲームオーバーになったらセーブポイント以降の内容がリセットされて、「クッソォォオオオオッォオォォオオオ!」と叫ぶこととなり挫折につながります。このゲームはBAD ENDになったら、原因を探してそれを修正するだけ。労力をあまり使わないのがいい!(ぇ


子供の頃は時間もあって気力もあったからゲームオーバーになってもなんのそのと再びプレイできたものですが、大人には辛いのですよ・・・。

ゲームの内容は、タイトルの通り渋谷を舞台に繰り広げられるサスペンスなんですが、バリバリサスペンスでなくてちょいちょいお笑い要素も入っていてプレイしやすいんですよね。サスペンスで頭つかって、お笑い要素でリセット?リフレッシュ?を繰り返す感じです。


シナリオもしっかりしているので、「空き時間にちょっとだけ」とプレイするとハマってしまって抜け出せなくなるので通勤時や帰宅時のプレイには注意が必要ですかね。多分クリアまでに何回か乗り過ごすことになると思います。

PS3版も挫折してしまい、iOS版もダウンロード直後は進めていたもののすぐに挫折しまったのですが、今度こそはクリアしてやるぜー!

「428~封鎖された渋谷で~」は、iOS版1800円、Androidは期間限定で900円。高いと思うかもしれませんが、値段以上に遊べるゲームだと思うので是非!
価格:¥1,800(記事投稿時)
カテゴリ:ゲーム
アプリの評価:


428-封鎖された渋谷で-
価格:¥1,800
平均評価:3.4(27)

コメントを残す(承認後に表示されます)

(任意)
(任意)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

プロフィールアイコン

Yusuke Sakakura

iPhone・Androidやスマートスピーカーに関するニュースはもちろん、レビューも届けるブログメディア「携帯総合研究所」主宰。元システムエンジニア、iPhoneの料金を3社間で比較できるシミュレーターの開発も

Latest新着記事

格安SIM

2018/07/23
ようやくau系MVNOとiPhone/iPadでテザリング可能に。mineoが10月末から対応開始

LINE Pay

2018/07/23
LINE Pay、「マイカラー」を8月に変更。判定基準を公開、ポイント付与の上限決済額を大幅引き上げ

格安SIM

2018/07/23
mineo、ソフトバンク回線の「Sプラン」を9月スタート。6ヶ月・月額0円のキャンペーンも

au

2018/07/23
「Xperia XZ2 Premium」の発売日は7月27日から。au版は2週遅れに
Recommendこんな記事も読まれています