bubble bubble2 google-plus facebook facebook2 twitter instagram twitter2 cart

「ATOK for iOS」ならiPhone 6 Plusでも片手でフリック入力が可能に!

iPhoneおすすめアプリ
「ATOK for iOS」ならiPhone 6 Plusでも片手フリックが可能に!
画面サイズが5.5インチの「iPhone 6 Plus」では、画面サイズがでかすぎて片手で文字入力をすることはほとんど不可能だと思っていました。

ところが、7年の時を経てリリースされた「ATOK for iOS」には、キーボードを片側に寄せるモードが搭載されており、サイズの大きい「iPhone 6 Plus」でも片手でフリック入力しやすくなっています!

ATOK for iOSにはキーボードを寄せられる機能が搭載されている!

「ATOK for iOS」を「iPhone 6 Plus」にインストールすると、こんな感じでキーボードを利き手側に寄せられるモードを利用することができます。

これなら片手でも全てのキーに指が届くのでアップルの純正キーボードよりも文字が打ちやすい!


左利きの人はちょっと使いづらいかも・・・

と、思ったんですが、今のところキーボードを片側に寄せる機能はデフォルト右側に設定されていて変更もできないため、僕みたいな左利きの場合は、文字を入力する前に一度左側に寄せる必要があります

あとは、実際に使ってみるとわかるんですが、1個、1個のキーのサイズが小さくなるので利き手側のキーを操作するのが逆に難しくなるなーとも感じました。Androidのように中央に移動できたりすると嬉しいなーと。

また、この機能が有効なのは、iPhone 6 Plusに対応したアプリのみで、Tweetbot 3など非対応のアプリでは以下のように全面にキーボードが表示されます。

他にもiPhone 6では利用できないなど、不満な点はありますが、Twitterでは、今後改善される動きもあるみたいなのでアップデートに期待したいところですね。


個人的には、キーボードを片側に寄せる機能をオフにしたり、キーボードの寄せる方向を左側に変更したり、キーボードを端っこから中央に向けて移動できるオプションが提供されると嬉しいなーと思っています。

ATOK for iOS
ATOK for iOS
価格:¥1,500(記事投稿時)
カテゴリ:ユーティリティ, 仕事効率化
アプリの評価:

コメントを残す(承認後に表示されます)

(任意)
(任意)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

プロフィールアイコン

Yusuke Sakakura

iPhone・Androidやスマートスピーカーに関するニュースはもちろん、レビューも届けるブログメディア「携帯総合研究所」主宰。元システムエンジニア、iPhoneの料金を3社間で比較できるシミュレーターの開発も

Latest新着記事

iPhone XS / XS Max

2018/09/25
iPhone XS/XS Max、Wi-Fiや4G/LTEの通信が不安定になる不具合発生か

iOS 12

2018/09/25
Apple、リアルタイムのボケ調整機能を「iOS 12.1」で追加へ

お役立ちコンテンツ

2018/09/25
macOS Mojaveの「ダークモード」の使い方〜キーボードショートカットの作り方も

Apple Watch

2018/09/25
「Apple Watch Series 4」レビュー
Recommendこんな記事も読まれています