bubble bubble2 google-plus facebook facebook2 twitter instagram twitter2 cart

パナソニック、消費者向けのスマホ開発を休止するとの公式発表

ニュース
パナソニック、消費者向けのスマホ開発を休止するとの公式発表
これまで何度も撤退すると報じられてきたパナソニックのスマートフォン開発事業からの撤退ですが、本日、パナソニックから消費者向けのスマートフォン開発を休止すると公式発表されました。

フィーチャーフォンの開発や販売は今後も継続

パナソニックは、AVCネットワークス社の傘下にあるパナソニックモバイルコミュニケーションズが担当する携帯電話端末事業を大幅に見直すことを発表しました。
パナソニック株式会社は、AVCネットワークス社(以下、AVC社)傘下のパナソニックモバイルコミュニケーションズ株式会社(以下、PMC)が担当する携帯電話端末事業を大幅に見直し、PMCが有するモバイル通信技術などの豊富なICT経営資源を、AVC社内の新規・成長分野に戦略的に再配置します。

引用元:携帯電話端末事業の経営資源を新規・成長分野に戦略的再配置(PDF)

具体的な見直しの内容としては、パナソニックモバイルコミュニケーションズの事業内容を消費者向けフィーチャーフォンの生産・販売に注力し、フィーチャーフォンの開発についてはAVCネットワークス社傘下のパナソニックシステムネットワークス社に業務委託するというもの。

スマートフォンについては企業向けの事業のみ継続し、消費者向けの開発、生産、販売については休止するとのことです。

また、既に発売したスマートフォンのサポートなどは今後も継続して行われます。

休止ということで今後の状況次第では開発の再開もあるようですが、ツートップ戦略が今冬モデル以降も続くようであれば難しいのではないでしょうか。

また、ドコモはAppleから一定量の販売ノルマを求められるiPhoneの販売を今月より開始しており、ツートップ戦略が今後見直されたとしても厳しい状況の中、スマートフォンの販売を続けることになるかと思います。

コメントを残す(承認後に表示されます)

(任意)
(任意)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

プロフィールアイコン

Yusuke Sakakura

iPhone・Androidやスマートスピーカーに関するニュースはもちろん、レビューも届けるブログメディア「携帯総合研究所」主宰。元システムエンジニア、iPhoneの料金を3社間で比較できるシミュレーターの開発も

Latest新着記事

Galaxyの噂・最新情報

2019/02/17
Galaxy S10+の実機とベンチマーク流出。1TBのストレージと12GBのメモリ搭載か

キャッシュレス

2019/02/17
レジに並ばず買い物できる「ローソンスマホペイ」が全国に拡大。約100店舗で導入へ

Kindleセール情報

2019/02/17
大幅値引き、Kindleストアでガンダムコミックフェアが開催中

AirPods

2019/02/16
新型「AirPods 2」、黒色の発売濃厚?発売日は今春か
Recommendこんな記事も読まれています