電車の遅延情報や駅の構内図を確認できるアプリ「JR東日本アプリ」を使ってみた!

bio
Yusuke Sakakura最終更新日:2014/10/11 23:28

電車の遅延情報や駅の構内図を確認できるアプリ「JR東日本アプリ」を使ってみた!


本日よりJR東日本がApp StoreとGoogle Playストアにて「JR東日本アプリ」を無料で公開しています。

「JR東日本アプリ」では、電車の遅延情報や駅の構内図をスマートフォンで確認できるほか、山手線では改札口やのりかえ口を確認することができるなど、なかなか便利そうだったので早速使ってみました!

毎日、JR東日本を利用する人もたまに旅行で利用する人も便利に使えるアプリ

アプリを起動すると最初に自分がよく利用する路線と駅を選択することになります。

これがアプリのホーム画面。左側で遅延や運休などの運行情報を確認でき、構内図などを確認する場合は右側のメニューから確認することになります。
便利だと思ったのは構内図と乗り換え口、改札口を確認できる機能ですかね。あまり降りたことのない駅やホームで降りたり、乗り換えたり、トイレを利用する時に重宝しそうです。


湘南新宿ライン、京浜東北線、埼京線では電車の走行している位置をリアルタイムで確認できます。電車が遅延している時は遅延時間とともに「今〜駅を出発しております」といったアナウンスが流れますが、聞き逃した時には使えるかもしれませんね。

山手線では社内の混雑状況や社内の温度、弱冷房車なども確認することができます。夏などの暑い時期には活躍しそうですねこれ。ただ、当面は3本だけ混雑状況などを確認することができ、全ての電車に対応するのは2015年春になるとのこと。

東京駅ではコインロッカーの空き状況も確認することができます。観光などで東京駅を利用する場合は役に立ちそうですね。


これまでにも運行情報や駅の構内図、のりかえ口を確認できるアプリはあったんですが、JR東日本公式であることと、このアプリで1本化できるのは嬉しいですね。

アプリのダウンロードは以下からどうぞ。

価格:無料(記事投稿時)
カテゴリ:ナビゲーション, 旅行
アプリの評価:

JR東日本アプリ
価格:無料
平均評価:4.0(134)

コメント利用規約

質問は必ず記事を読んでから投稿してください

誹謗中傷を含む場合は発信者情報開示請求します。

過激な表現を用いたコメントは修正後に投稿するか削除します

攻撃的な表現を含む場合はIPアドレスを明記して公開します

コメントを残す

(任意)

Recommendこんな記事も読まれています