bubble bubble2 google-plus facebook facebook2 twitter instagram twitter2 cart

iPad版「Photoshop」が登場。Apple Pencilに対応

iPad

iPad向け「Adobe Photoshop」が配信開始

11月4日、2019年リリース予定と案内されていたiPad向けの「Adobe Photoshop」がついにApp Storeで公開された。

デスクトップ版と同等の機能を持つフルバージョンのPhotoshopとアナウンスされていたが、まずは限定的な機能が搭載されている。

ブラシやマスキングなどは今後追加へ

App Storeで公開されたiPad向けの「Adobe Photoshop」は、iPadでも使える写真の編集や合成、画像編集、デジタルペインティング、アニメーション、グラフィックデザインなど本格的なクリエイティブの制作には欠かせないデザインアプリ。

Photoshopのレタッチや合成やスポット修復、描画モードなど、使い慣れた機能はそのまま。PCで保存したレイヤー構造も解像度も全て同じで、iPadでもデスクトップと全く同じ品質のPSD出力が可能だ。クラウドサービスを介してデバイス間のデータが同期される。

ツールのインターフェースはデスクトップ版と変わらないものの、スワイプ/ピンチ/タップ/手書きなどiPadを使ってこれまで以上に直感的な作業が可能になっている。

なお、今バージョンでは、Apple Pencilやタッチでの作業に最適化した合成ツールとレタッチツールが収録されており、今後はブラシやマスキング、境界線の調整、被写体の選択など高度なツールが追加される。

Photoshopを利用するにはAdobe Photoshopの月額制メンバーシップまたはアプリ内課金で月額1,080円を支払う必要がある。30日間の無料体験でお試しも可能だ。

対応デバイス
  • iPad Pro
  • iPad Pro(12.9インチ)および第2世代
  • iPad Pro(10.5インチ)
  • iPad Pro(9.7インチ)
  • iPad第5世代
  • iPad Mini 4
  • iPad Air 2
  • Apple Pencil(第2世代)
  • Apple Pencil(第1世代)
Adobe Photoshop Fix

関連記事

コメント

コメント利用規約

過激な表現を用いたコメントは修正後に投稿するか削除します

攻撃的な表現を含む場合はIPアドレスを明記して公開します

コメントを残す

(任意)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

プロフィールアイコン

Yusuke Sakakura

iPhone・Androidやスマートスピーカーに関するニュースはもちろん、レビューも届けるブログメディア「携帯総合研究所」主宰。元システムエンジニア、iPhoneの料金を3社間で比較できるシミュレーターの開発も

Latest新着記事

iPhone 12

2020/10/28
iPhone 12 Pro レビュー

iPhone 12

2020/10/28
iPhone 12、MagSafe対応のリバース充電機能が隠されている?

ソフトバンク

2020/10/28
ソフトバンク/ワイモバイル、24時間のりかえ受付対応。MNP手数料は完全無料に

ワイモバイル

2020/10/28
ワイモバイル、20GB・月額4,480円の新プラン発表。12月下旬から
Recommendこんな記事も読まれています