bubble bubble2 google-plus facebook facebook2 twitter instagram twitter2 cart

Android Wear、iPhoneに正式対応。高価なApple Watchに挑戦

Android Wear

Android Wear、iOSに正式対応。iPhoneで利用可能に

グーグルが提供するスマートウォッチ向けのOS「Android Wear」がiOSに正式対応しました。すでにApp Storeにて専用アプリが公開されています。

Android WearがiOSに対応。今後発売されるすべてのAndroid Wearで利用可能に

iPhoneとAndroid Wearを搭載するスマートウォッチを接続すると、iPhoneに届いたすべての通知やGoogle Nowに表示される交通情報や天気、フライト状況などを手首で確認することが可能。その他にも「OK Google」で始まる音声コマンドやGmailへの返信が利用できます。

App Storeで公開されているAndroid Wearアプリは、iPhoneとAndroid Wearを接続するために必要となり、スマートウォッチに表示する通知を選択することも可能です。

Android Wearアプリの対応機種は、iOS 8.2以降のiPhone 5 / 5c / 5s / 6 / 6 Plusの5機種。スマートウォッチ側もiOS向けのAndroid Wearアプリに対応する必要がありますが、今のところLG Watch Urbaneのみと案内しています。


グーグルは今後発売されるすべてのAndroid WearがiPhoneで利用可能になると案内しています。

試しに「LG G Watch R」とiPhoneを接続してみたところペアリングが無事完了。さらに、通知なども問題なく表示されました。ただ、Google Playストアで配布されているパックマンなどサードパーティ製のウォッチフェイスは利用できませんでした。

Apple Watchより安価な「Android Wear」がiPhoneに対応

アップルは今年4月に「Apple Watch」を発売しましたが、価格は4万2800円〜と高額になっています。一方でAndroid Wearの価格は、2万円〜3万円とライトな価格で販売されているモデルも多数存在するため、一気に手が届きやすくなります。

Apple Watchの不満点としてよく聞くのは、ディスプレイが常時オフのため、時間を瞬時に確認できないとの声です。その一方、Android Wearはディスプレイが常時オンのため、通常の時計のようにラグなしで確認することができるなど、時計本来の利便性も兼ね備えています。

両方、使用経験がある自分としては、スポーツをするなど健康管理を重視したいという人は「Apple Watch」、通知・時計重視という人は「Android Wear」という印象です。

Android Wear

2015/09/01 06:15 更新

初出時、将来的にすべてのAndroid Wearで利用可能と記述していましたが、正しくはLG Watch Urbanを含む今後発売されるAndroid Wearで利用可能でした。お詫びして訂正いたします。

関連記事

コメント利用規約

過激な表現を用いたコメントは修正後に投稿するか削除します

攻撃的な表現を含む場合はIPアドレスを明記して公開します

コメントを残す

(任意)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

プロフィールアイコン

Yusuke Sakakura

iPhone・Androidやスマートスピーカーに関するニュースはもちろん、レビューも届けるブログメディア「携帯総合研究所」主宰。元システムエンジニア、iPhoneの料金を3社間で比較できるシミュレーターの開発も

Latest新着記事

iOS 14

2020/09/19
Gmail、iOS 14のデフォルトアプリに近日対応

ニュース

2020/09/18
TikTokとWeChat、米で配信禁止へ。使用制限も

iPad

2020/09/18
更新:ドコモ、iPad Air4を年内発売。価格は86,328円から

NTTドコモ

2020/09/18
ドコモ、“ミリ波”5Gサービスを23日開始。下り最大4.1Gbpsに
Recommendこんな記事も読まれています