bubble bubble2 google-plus facebook facebook2 twitter instagram twitter2 cart

「Android Wear 2.0」が正式発表。19機種にアップデート配信、Sony SmartWatchなど対象外に

Googleが、「Android Wear 2.0」を正式発表しました。アップデートは順次配信され、今後数週間のうちに全19機種に適用される予定です。

当記事ではAndroid Wear 2.0の新機能、アップデート予定機種をまとめています。

Android Wear

Android Wear 2.0の新機能

ウォッチフェイス

Android Wear 2.0の新しいウォッチフェイスでは、アプリで管理しているスケジュールやワークアウトの進捗状況などを表示できるほか、アプリを操作することも可能です。

例えば、Uberを利用している場合はウォッチフェイスを操作してハイヤーを呼んだり、ワークアウトアプリではタップするだけでトレーニングをスタートすることも可能になります。

また、ウォッチフェイスはスワイプ操作でカンタンに変更できるため、仕事用・プライベート用・ジム用など用途に応じて使い分けることもできます。

Android Wear 2.0の新機能まとめ

ワークアウト

Android Wear 2.0ではワークアウトも強化されています。

スマートウォッチを身に着けた状態でウォーキングやランニング、サイクリングを行うと、運動ペースや距離、消費カロリー、心拍数をGoogle Fitが自動で計測できます。

また、腕立て伏せ、腹筋、スクワットなど筋力トレーニングの回数(レップ数)も計測できるほか、3G/4Gに接続された状態のスマートウォッチとワークアウトを行う場合、通話やメッセージに応答したり、Google Playミュージックで音楽をストリーミングで楽しむことも可能になります。

新しいアプリの使い方

Android Wear 2.0では、Google Playストアからスマートウォッチにアプリを直接ダウンロードすることができるほか、スマートウォッチが3G/4Gに接続されている場合はペアリングされたスマートフォンがなくても通話など通信に依存する機能も単独で利用することが可能になります。

スタンドアロンに対応するアプリのリストは、AccuWeather、Android Pay、Bring!、Foursquare、Google Fit、Google Messenger、Google Play Music、Lifesum、Robinhood、Runkeeper、Runtastic、Strava、Telegram、Uberなど。

新しいメッセージの返信機能

Android Wear 2.0でメッセージを受け取ったら、キーボードを使って文字を入力するか、手書き入力または絵文字を描いて返信することができます。さらに、AI搭載のGoogleアシスタントによってメッセージを認識して自動生成された返信候補をそのまま返信することもできます。

対応アプリはFacebookメッセンジャー、Glide、Googleメッセンジャー、ハングアウト、Telegram、WhatsAppなど

AI搭載の音声アシスタント「Google Assistant」に対応

Android Wear 2.0では「Google Assistant」が利用できます。

電源ボタンを押すか「Ok Google」と話しかけると、オンになり、続けて今日の天気を聞いて傘を持っていくか決めたり、レストランの予約も取ることができます。

ただ、配信当初は英語、ドイツ語のみ対応しており、順次拡大される予定です。

Android Wear 2.0のアップデート予定機種

Android Wear 2.0のアップデートが提供されるスマートウォッチは以下の19機種。ASUS ZenWatchやLG G Watch、Samsung Gear Live、Moto 360、Sony Smartwatchなどはアップデートリストから外れました。


Android Wear 2.0搭載の新製品「LG Watch Sport」と「LG Watch Style」

LG Watch Style

「LG Watch Style」は、薄く軽いボディとクラシックなデザインが特徴のスマートウォッチ。シルバー、ローズゴールド、チタニウムの3種類がラインナップされます。

バンドは18mmのレザーまたはシリコン製の「MODE Watch Band」で、好みに合わせてワンタッチでカンタンに交換できます。

本体右に備えられたパワーボタンを回転させることでApple Watchのデジタルクラウンのように画面をスクロールしたり、アプリランチャーを起動したり、Google Assitantを起動することができます。

価格はシルバーとチタニウムが249.99ドル、ローズゴールドが279.99ドルで販売されます。

LG Watch Sport

「LG Watch Sport」は、Android Wearで最もパワフルなスマートウォッチ。チタニウムとダークブルーの2色展開でバンドには高品質のエラストマーを採用しています。

ボディにはNFCが内蔵され、Android Payと連携して決済ができるほか、ワークアウトやナビに活用できるGPS、ワークアウト時に心拍数を計測するセンサーを内蔵。さらに、3G/4Gが利用できる通信機能も備えます。

ボディにはGoogle FitとAndroid Payの専用ボタンと、お気に入りのアプリを起動できる回転する電源ボタンが搭載されます。価格は349ドル。

日本発売未定

両機種ともに発売地域はアメリカ、カナダ、ロシア、サウジアラビア、南アフリカ、韓国、台湾、アラブ首長国連邦、イギリスで残念ながら日本は含まれていません。

プロフィールアイコン

Yusuke Sakakura

iPhone・Androidやスマートスピーカーに関するニュース、レビューを報じるブログメディア主宰。元システムエンジニア、iPhoneの料金を3社間で比較できるシミュレーターの開発も

Latest新着記事

iOS

2018/05/26
iOS 12、NFCを大幅拡張か。開発者に非接触機能を開放へ

Kindleセール情報

2018/05/26
50%ポイント還元、Kindleストアで「PHP研究所キャンペーン」が開催中

Kindleセール情報

2018/05/26
半額、Kindleストアでいま欲しい「Webデザイン・Web技法書」セールが開催中

ソフトバンク

2018/05/25
ソフトバンク、3段階の新しい料金プランを発表。通話料込みで1GB・月額1,980円から
Recommendこんな記事も読まれています