bubble bubble2 google-plus facebook facebook2 twitter instagram twitter2 cart

Apple、App Storeの販売手数料を半額に引き下げ。中小向け

Appleニュース

Apple、App Storeの販売手数料を半額に引き下げ。中小向け

AppleがApp Storeの手数料を15%に引き下げると発表した。

現在、開発者がApp Store上で販売した有料アプリケーションやアプリ内課金の収益の30%をAppleに支払う必要があるが、前年の収益が100万ドル(約1億円)以下以内であれば手数料が引き下げられる。

2021年1月1日から手数料の引き下げが開始

Appleが「App Store Small Business Program」を2021年1月1日から開始する。

プログラムの内容と詳細は12月初旬にあらためて発表される予定で現在は以下のような概要が発表されている。

  • App Storeを通じて配布中の全アプリケーションについて2020年の収益が合計100万ドル以内の既存デベロッパ、またはApp Storeを通じてこれから自身のアプリケーションを配布を計画している新規デベロッパは、本プログラムの対象となり手数料率が引き下げられます。
  • 本プログラムの対象となるデベロッパの収益が100万ドルを超えた場合には、当年の残りの期間については、標準の手数料率が適用されます。
  • デベロッパの事業が不調で当年の収益が100万ドル未満に落ち込んだ場合には、翌年の手数料率は再び15パーセントに下がります。

Appleはプログラムの提供についてイノベーションの加速と小規模事業者やインディーズのデベロッパが次世代の画期的なアプリケーションをApp Storeを通じて提供することで各々のビジネスを前進させるのを手助けするためとしているが理由はそれだけではなさそうだ。

今年8月に大人気のバトルロイヤルゲーム「Fortnite」(フォートナイト)が、30%の販売手数料を回避するために独自のアプリ内課金を実装したことでApp Storeからアプリが削除された。これをキッカケに多くのアプリ開発者がApple税と言われる販売手数料に不満を示すようになった。

その前にはSpotifyがAppleの反競争的行為に対して欧州委員会に申し立てを行い、独占禁止法調査を開始すると正式に発表。日本でも公正取引委員会の杉本委員長が調査を行い対応が必要かどうかを判断するとしていた。

今回のプログラムの発表は開発者からの批判を抑えたいという考えなども受け取れる。

関連記事

コメント利用規約

過激な表現を用いたコメントは修正後に投稿するか削除します

攻撃的な表現を含む場合はIPアドレスを明記して公開します

コメントを残す

(任意)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

プロフィールアイコン

Yusuke Sakakura

iPhone・Androidやスマートスピーカーに関するニュースはもちろん、レビューも届けるブログメディア「携帯総合研究所」主宰。元システムエンジニア、iPhoneの料金を3社間で比較できるシミュレーターの開発も

Latest新着記事

iPadの噂・最新情報

2020/11/24
新型iPad Pro、有機ELモデルが2021年後半に登場?

iOS 14

2020/11/24
Googleカレンダー、iOS 14のウィジェットに対応

HomePod

2020/11/24
HomePod mini レビュー

iOS

2020/11/23
iOS 15、初代iPhone SE/6sはアップデート不可?
Recommendこんな記事も読まれています