安全な状態でiOS 14を使い続ける選択肢は「一時的なもの」 Appleが発表

bio
Yusuke Sakakura公開日:2022/01/20 11:55

安全な状態でiOS 14を使い続ける選択肢は「一時的なもの」 Appleが発表

そんなバカな。

Appleは昨年秋にiOS 15を配信するとともに、最新版にアップデートしなくても安全な状態でiPhoneおよびiPadを使い続けられるように、iOS 14に対して重要なセキュリティアップデートを配信するようポリシーを変更しましたが、今になってAppleは「一時的なものだった」と説明しています。

危険な状態のユーザーを増やしただけ

現在、iOS 14ユーザーがアップデート画面を開くと、iOS 14の最新版(iOS 14.8.1)にアップデートすることはできず、iOS 15へのアップデート画面しか表示されません。つまり、Appleが公式サイトで説明している「重要なセキュリティアップデートを利用しつつ、iOS 14を使い続けることもできます」という状態にはなっていません。

iOS 15配信直後のアップデート画面現在のアップデート画面
iOS 15の配信直後(左)と違い、現在はiOS 14にアップデートできない(右)

不具合の可能性も考えられましたが、AppleはArt Technicaの取材に対して、「iOS 14に対するセキュリティアップデートのオプションは一時的なものであった」と説明しているとのこと。一時的とは不具合の多いiOS 15のリリース直後のわずかな期間のみで、セキュリティの状態を最新に保つためには最終的に最新版にアップデートする必要があるそうです。

確かにAppleは「iOSでは、2つのソフトウェアアップデートバージョンのどちらをインストールするか、設定アプリで選べる場合があります。」とiOS 15の新機能を解説するページで説明しています。「場合がある」の意味するところが一時的なものだったのでしょう。サポートページではより具体的に書かれていますが、あまり見られていないサポートページよりもiOS 15のページで説明するべきでした。

iOS または iPadOS 14.5 以降をお使いの場合は、2 つのソフトウェア・アップデートのバージョンから選ぶオプションが表示されることがあります。その場合は、iOS または iPadOS 15 の最新バージョンがリリースされ次第アップデートするか、重要なセキュリティアップデートがリリースされている間は引き続き、しばらくの間 iOS または iPadOS 14 を使い続けるかを選択できます。

iOS 14に対するセキュリティアップデートの一時的な提供は明らかな悪手です。

iOS 15のアップデート率は2022年1月時点で63%で、直近4年間で発売されたデバイスに限定しても72%で、これまでのバージョンに比べて著しく低調です。これは明らかに旧バージョンながら最新のセキュリティアップデートを適用できると勘違いさせた結果でしょう。

結果的に一時的な特例によって、例年よりも多くのユーザーが旧バージョンを使用することになり、最新のセキュリティアップデートが適用されていない状態でiPhoneやiPadを利用していることになります。

この報道を受けてiOS 15にアップデートするユーザーが増えればいいのですが、今さらiOS 15にアップデートするユーザーが多くいるでしょうか。

コメント利用規約

過激な表現を用いたコメントは修正後に投稿するか削除します

攻撃的な表現を含む場合はIPアドレスを明記して公開します

コメントを残す

(任意)

Recommendこんな記事も読まれています