かなり低調なインストール率。iOS 15がようやくiOS 14を上回る

bio
Yusuke Sakakura

かなり低調なインストール率。iOS 15がようやくiOS 14を上回る

Appleが今年9月に配信を開始した「iOS 15」の普及率・インストール率は例年に比べて低調で、11月下旬になってようやくiOS 14の普及率を上回ったことがわかりました。

iOS 14のインストール率がiOS 13を上回った期間に比べて1ヶ月以上も長くなっています。なぜ、iOS 15のインストール率は低調なのでしょうか。

ウィジェット追加→ホーム画面のアレンジのようなインパクトなし

データ分析企業のMixpanelによると、昨年配信されたiOS 14のインストール率は1週間後に30.80%、1ヶ月後に43.02%、2ヶ月後に74.80%に到達。2ヶ月足らずでiOS 13のインストール率を上回っています。

現地時間9月20日に配信されたiOS 15のインストール率は1週間後に16.79%、1ヶ月後に29.94%、2ヶ月後に45.95%に到達。2か月以上経過した11月28日にようやくiOS 14のインストール率を上回りました。

前バージョンのインストール率が1ヶ月以上も遅くなるなど、iOS 14に比べてiOS 15がかなり低調なことがわかります。

iOS 15iOS 14
1週間後16.79%30.80%
1ヶ月後29.94%43.02%
2ヶ月後45.95%74.80%

インストール率が伸びない理由はやはりアップデートが小規模であることが理由の1つに挙げられます。ホーム画面が大幅にアップデートされたiOS 14では、好きな場所に配置できるウィジェットの導入によってホーム画面のアレンジが世界中でトレンドになりました。

iOS 14ではホーム画面のアレンジが可能に

iOS 14ではホーム画面のアレンジが可能に

iOS 15では、Safariの検索バーが画面下に移動し、ジェスチャー操作に対応するなど大規模アップデートがあったものの、通知の刷新や集中モードの導入など全体的にはマイナーアップデートでインパクトのある新機能が追加されたわけではありません。

もう1つはそれほど魅力的ではないiOS 15にリスクを取ってわざわざアップデートしなくても、セキュリティアップデートを適用可能になったことも低調な理由の1つに挙げられます。

関連記事

コメント利用規約

過激な表現を用いたコメントは修正後に投稿するか削除します

攻撃的な表現を含む場合はIPアドレスを明記して公開します

コメントを残す

(任意)

Recommendこんな記事も読まれています