Apple Musicのロスレスオーディオ、AirPodsとHomePodシリーズは非対応と判明

bio
Yusuke Sakakura

Apple Musicのロスレスオーディオ、AirPodsとHomePodシリーズは非対応と判明

Apple Musicが追加料金なしで今年6月から提供を開始するハイレゾを含むロスレスオーディオ

7,500万を超える楽曲を最高の音質で楽しめることで注目が集まっているが、AirPods、AirPods Pro、さらにAirPods Max、HomePod、HomePod miniもApple Musicのロスレスオーディオに対応しないことが判明した。

ハイレゾロスレスについてはコンバーターなど必要に

t3.comBillboardがAppleに確認したところAirPodsシリーズとHomePodシリーズはApple Musicのロスレスオーディオに対応していないとの回答を得たと伝えている。

AirPods3機種についてはiPhoneに接続したときにBluetooth AACコーデックしか使用しないため、ALAC(Apple Lossless Audio Codec)としてエンコードされるApple Musicロスレスファイルを完全な音質を受信できないという。

Apple Musicのロスレスオーディオを利用するにはALACフォーマットに対応した有線ヘッドフォンが必要となり、最も音質の良いハイレゾロスレスについてはUSBデジタル→アナログコンバーターなどの外部機器が必要になるとのこと。67,980円と高額なAirPods Maxですらロスレス非対応であることに対して批判的な意見もみられる。

Apple Musicは、ロスレスオーディオと共にドルビーアトモスによる空間オーディオ対応も開始する。映画館のような音で包まれる臨場感が味わえるが、こちらはAirPodsシリーズやBeatsX、Powerbeats ProなどH1チップおよびW1チップを搭載した多くのヘッドフォン、および最新バージョンのiPhone、iPad、Macの内蔵スピーカーで視聴可能。HomePodも対応する。

Apple Musicの空間オーディオはサービス開始当初は数千の楽曲が対応し、今後増加する予定。ロスレスオーディオはサービス開始当初は2,000万曲が対応し、年末までに7,500万曲ほぼすべてが対応する予定と案内されている。

Apple Musicに加入する

関連記事

コメント利用規約

過激な表現を用いたコメントは修正後に投稿するか削除します

攻撃的な表現を含む場合はIPアドレスを明記して公開します

コメントを残す

(任意)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Recommendこんな記事も読まれています