bubble bubble2 google-plus facebook facebook2 twitter instagram twitter2 cart

アップル、携帯電話事業への参入を再度否定 理由はネットワークスキル

Appleニュース

アップル、携帯電話事業参入への参入を否定

昨年8月、アップルが携帯電話事業への参入を計画していると報道され、その後明確に否定していましたが、アップルのティム・クックCEOが再度参入を否定しました。

ティム・クック、アップルの携帯電話事業への参入を否定

Startup Fest Europeのインタビューに対して、ティム・クックCEOはアップルのスキルがネットワークにまで及んでないと答え、携帯電話事業への参入を否定しました。

Our expertise doesn’t extend to the network. We’ve worked with AT&T in the US, O2 in the UK, as well as T-Mobile and Orange, and we expanded as we learned more. But generally, the things Apple likes to do, are things we can do globally.

We don’t have the network skill. We’ll do some things along the way with e-SIMs along the way, but in general, I like the things carriers do.

料金・サービスともに魅力的なグーグルの通信サービス「Project Fi」 iPhoneでの利用を望む声も

ライバルのグーグルは、昨年4月にMVNOとして携帯電話事業に参入し、通信サービス「Project-Fi」を提供しています。

Project-Fiは、米キャリア・T-mobileとSprintの回線のうち、混雑していない または 電波強度の良い回線に優先して接続したり、LTEとWi-Fiを仮想的に一元化してシームレスに接続できるサービス内容が特徴で、基本料が20ドル、データ通信料金が10ドル/1GB、国内通話し放題といった割安な料金プランが魅力的な通信サービスです。

アップル、携帯電話事業参入への参入を否定

その特徴的なサービス内容から対応デバイスはNexus 5 / 5X / 6Pの3機種のみとなっています。

Project FiのようなプランをiPhoneでも使いたいという声も少なくなかったはずですが、携帯電話事業への参入は考えていないとのこと。

現在は、4G/LTE対応版のiPadのみで利用できる「Apple SIM」をiPhoneに拡大していく形で通信サービスに関わっていくことが考えられますが、アップルがiPhone/iPad向けの専用プラン、専用サービスを提供するという動きは当面の間なさそうです。

コメントを残す

コメント利用規約

コメントは承認後に表示されます

過激な表現を用いたコメントは修正後に投稿するか削除します

攻撃的な表現を含む場合はIPアドレスを明記してコメントを公開します

(任意)
(任意)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

プロフィールアイコン

Yusuke Sakakura

iPhone・Androidやスマートスピーカーに関するニュースはもちろん、レビューも届けるブログメディア「携帯総合研究所」主宰。元システムエンジニア、iPhoneの料金を3社間で比較できるシミュレーターの開発も

Latest新着記事

Android

2019/08/22
速報:Android、スイーツのコードネーム廃止。次期バージョンは「Android 10」に

AirPods

2019/08/22
iPhone 11、新型iPad、AirPods 3など年内登場するAppleの新製品が明らかに

スマホのアクセサリ・グッズ

2019/08/22
「Powerbeats Pro」、アイボリー/モス/ネイビーカラーの販売開始

Google Home

2019/08/22
Google、壁掛けできるスマートスピーカー「Nest Mini」を発売か
Recommendこんな記事も読まれています