bubble bubble2 google-plus facebook facebook2 twitter instagram twitter2 cart

突如、SIMフリーのiPhone 6 / 6 Plusの販売が停止ーその理由を聞いてみた

Photo by Mark Mathosian

アップルが突如、iPhone 6 / 6 Plusの販売を停止しました。値上げなどが噂されていますが、理由は一体何なのかアップル製品の電話注文窓口に問い合わせてみました。

iPhone 6/6 Plus

12月8日からSIMフリー版のiPhone 6 / 6 Plusの購入が不可能に

SIMフリー版のiPhone 6とiPhone 6 Plusは、Apple公式サイトで販売されていましたが、12月8日の午後11時ごろから販売を停止しており、製品ページにアクセスすると「現在ご利用いただけません」となっています。

また、アップルのウェブサイトから予約とピックアップを利用することで直営店のアップルストアで受け取りが可能でしたが、アップルストアの公式サイトには「SIMフリーのiPhone 6とiPhone 6 Plusは、現在取り扱っていません。」と記載されており、予約とピックアップも利用することはできません。

アップルのコールセンターの回答内容

この件に関してアップル製品の電話注文窓口に問い合わせてみたところ、アップルから入っている情報としては販売終了ではなく、販売停止とのこと。また、販売停止の理由については明らかにされておらず、再開予定についてもわからないとのことでした。

ちなみに、購入ではなく、修理等によって交換対応が生じた時の対応については、通常どおりの対応を行うとのことでした。つまり、SIMフリーのiPhone 6 / 6 Plusのガラスが割れるなどして、本体交換などの対応が必要になった場合は、通常どおり交換対応が行われるようです。

iPhone 6とiPhone 6 Plusが販売停止となった理由とは?

アップルがSIMフリーのiPhone 6 / 6 Plusの販売を停止した理由が気になるところ。

値上げの前兆ではないかと予測されていますが、SIMフリーのiPhone 5sやiPadについては販売が継続されていることや、前回の値上げ時に販売が停止されていなかったので値上げが理由ではないように思えます。

また、日本ではSIMロック解除を原則無料で義務化されることが確実視されており、それを機にSIMカードを入れ替えることなく画面上でキャリアの変更が可能な「Apple SIM」への切り替えではないかとも予測されていますが、今のところApple SIMはあくまでもiPadのみで導入されているものであり、米国など日本以外のApple公式サイトでは通常どおり販売されていることを考えれば、これも可能性は低そうです。

結局のところ理由についてはわかりませんが、いずれにしろ、アップルのサイト上に「現在取り扱っていません」という文言を追加したということや、電話注文窓口も販売再開予定時期を把握できていないことを考えると、販売の再開までには長い時間がかかりそうです。

プロフィールアイコン

Yusuke Sakakura

iPhone・Androidやスマートスピーカーに関するニュース、レビューを報じるブログメディア主宰。元システムエンジニア、iPhoneの料金を3社間で比較できるシミュレーターの開発も

Latest新着記事

ソフトバンク

2018/05/25
ソフトバンク、3段階の新しい料金プランを発表。通話料込みで1GB・月額1,980円から

iPhoneの噂・最新情報

2018/05/25
新型iPhone、6.1インチ・有機ELのディスプレイパーツが流出!?

セール

2018/05/25
最大1,000円オフ、アプリ版ドラゴンクエストIV〜VIIIの3日限定セール開催中!

スマホアプリ

2018/05/25
少年ジャンプ+「HUNTER×HUNTER」50話を無料配信!
Recommendこんな記事も読まれています