bubble bubble2 google-plus facebook facebook2 twitter instagram twitter2 cart

Apple Watch、心電図機能の日本提供さらに近づく。医療認証を取得

Apple Watch

Apple Watch、心電図機能の日本提供さらに近づく

Apple Watchの目玉機能の1つである心電図の計測機能。Series 4以降のモデルでデジタルクラウンに指をのせるだけでカンタンに計測できるが認可が必要なことから日本国内では利用することができない。

しかし、今年6月にAppleが認定・登録外国製造業者リストに登録されたことから心電図機能の提供が近づいていると報じたが、新たに医療機器承認・認証を取得したという。

新型Apple Watchと共に登場?

お茶の水循環器内科によると、9月4日にAppleの家庭用心電計プログラム(30200BZI00020000)と家庭用心拍数モニタプログラム(30200BZI00021000)が医療機器承認・認証を取得したとのこと。

iPhone Maniaによると販売名は「Appleの心電図アプリケーション」と「Appleの不規則な心拍の通知プログラム」となっている。

なお、心電図機能を搭載したApple Watchを販売するには医療機器販売事業者としての許可申請が必要で販売店には薬剤師などの配置も必要になるとされている。Appleが販売業の許可を取得しているのかは現時点ではわかっていないが心電図機能の提供に向けて動いていることは間違いない。

もしかすると今秋発売が噂されている新型Apple Watchと共に日本でも心電図機能が利用可能になるかもしれない。

Apple Watchの心電図機能は専用のアプリケーションを使って手首から直接心電図を計測できるというもの。計測にはデジタルクラウンと電気心拍センサーに内蔵された電極を利用する。計測するにはデジタルクラウンに触れて30秒だけ待てば良い。

心臓が正常に鼓動しているのか、あるいは重大な合併症につながる可能性のある心房細動の兆候があるかを分類。すべての記録、それらに関連する分類、記録されたすべての症状はPDFでヘルスケアアプリケーションに保存されて医師と共有することができる。

関連記事

コメント

コメント利用規約

過激な表現を用いたコメントは修正後に投稿するか削除します

攻撃的な表現を含む場合はIPアドレスを明記して公開します

コメントを残す

(任意)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

プロフィールアイコン

Yusuke Sakakura

iPhone・Androidやスマートスピーカーに関するニュースはもちろん、レビューも届けるブログメディア「携帯総合研究所」主宰。元システムエンジニア、iPhoneの料金を3社間で比較できるシミュレーターの開発も

Latest新着記事

Pixelの噂・最新情報

2020/09/30
Pixel 5/4a 5G、またTwitterで公式リーク。新電池節約モードで電池持ちは最大48時間に

NTTドコモ

2020/09/29
ドコモ新社長、サブブランドについて「まだ何も考えていない」「慎重に検討」

NTTドコモ

2020/09/29
ドコモ完全子会社化で携帯料金の「値下げの余力が出てくる」と発言

NTTドコモ

2020/09/29
NTT、ドコモの完全子会社化を正式発表。年度内の完了を目指す
Recommendこんな記事も読まれています