bubble bubble2 google-plus facebook facebook2 twitter instagram twitter2 cart

どっちを買う?Apple Watch Series 6とSEを比較

Apple Watch

どっちを買う?Apple Watch Series 6とSEを比較

9月16日、2020年秋の新型Apple Watchとして「Apple Watch Series 6」と「Apple Watch SE」が発表されました。

血中酸素濃度の測定機能や20%も高速化された最新のチップセットを搭載する「Apple Watch Series 6」に対して、「Apple Watch SE」は機能や性能を落とすことで販売価格も手ごろになっています。

すでにApple公式サイトから予約注文が可能。9月18日(金)に発売されます。この記事では「Apple Watch Series 6」と「Apple Watch SE」にどういった違いがあるのか比較します。

目次

サイズ・デザイン

Apple Watch Series 6Apple Watch SE
左: Apple Watch Series 6、右: Apple Watch SE

サイズとデザインに違いはありません。どちらも昨年発売されたApple Watch Series 5と同じケースを採用。ケースの種類はいずれも40mmと44mmから選べます。

Apple Watch Series 6
  • Series 5と同じデザイン
  • 40mmケースまたは44mmケース
Apple Watch SE
  • Series 5と同じデザイン
  • 40mmケースまたは44mmケース

素材・カラー

どっちを買う?Apple Watch Series 6とSEを比較 - 素材・カラー

素材とカラーは大きな違いがあります。

「Apple Watch Series 6」の素材はアルミニウム、ステンレススチール、チタニウムの3種類でカラーはシルバー、スペースグレイ、ゴールド、チタニウム、スペースブラック、新色のブルー、(PRODUCT) RED、グラファイト(DLC)、新しくなったゴールド(PVD)から選べます(素材によって選べない色あり)

対する「Apple Watch SE」の素材はアルミニウムのみ。カラーはシルバー、スペースグレイ、ゴールドの3色のみです。

Apple Watch Series 6
  • 素材
    • アルミニウム
    • ステンレススチール
    • チタニウム
  • カラー
    • アルミニウム
    • シルバー
    • スペースグレイ
    • ゴールド
    • ブルー
    • (PRODUCT) RED
    • ステンレススチール
    • シルバー
    • グラファイト(DLC)
    • ゴールド(PVD)
    • チタニウム
    • チタニウム
    • スペースブラック
Apple Watch SE
  • 素材
    • アルミニウム
  • カラー
    • シルバー
    • スペースグレイ
    • ゴールド

ディスプレイ

どっちを買う?Apple Watch Series 6とSEを比較 - ディスプレイ

「Apple Watch Series 6」と「Apple Watch SE」の画面サイズはどちらもSeries 3より30%大型化されています。画面の明るさや解像度は同じですが常時表示において違いがあります。

「Apple Watch SE」は無操作状態が続くと画面が消えるため都度、手首を上げる必要がありますが、「Apple Watch Series 6」は画面がスリープ状態にならず、いつでも時間や大切な情報を確認できる常時表示Retinaディスプレイを搭載しています。

なお、常時表示RetinaディスプレイはSeries 5と比べて最大2.5倍の明るさを実現しています。

Apple Watch Series 6
  • 画面サイズ
    • 40mmケース: 324 x 394ピクセル
    • 44mmケース: 368 x 448ピクセル
  • LTPO OLED常時表示Retinaディスプレイ
Apple Watch SE
  • 画面サイズ
    • 40mmケース: 324 x 394ピクセル
    • 44mmケース: 368 x 448ピクセル
  • LTPO OLED Retinaディスプレイ

血中酸素濃度と心電図

どっちを買う?Apple Watch Series 6とSEを比較 - 血中酸素濃度と心電図

「Apple Watch Series 6」には新しい血中酸素濃度センサーが追加されました。血中酸素濃度を測定(就寝中などでも定期的に測定されます)することで呼吸器と心臓が正常に機能しているかを確認できます。

血中酸素濃度を測定できるパルスオキシメーターは医療機器としての承認が必要になります。心電図機能と不規則な心拍の通知機能も承認が必要なことから日本では利用できませんが、血中酸素濃度アプリは日本でも利用できることが案内されています。

Apple公式サイトには医療目的の機能ではなく健康管理や運動に活用する目的との記述があることから心電図測定(ECG)や不規則な心拍の通知機能とは違う扱いになるようです。

なお、「Apple Watch SE」では残念ながら血中酸素濃度アプリと心電図アプリは利用できません。

Apple Watch Series 6
  • 血中酸素濃度センサー
  • 電気心拍センサー
  • 心電図測定
  • 高心拍数と低心拍数の通知
  • 転倒検出
Apple Watch SE
  • 血中酸素濃度センサーなし
  • 電気心拍センサーなし
  • 心電図測定不可
  • 高心拍数と低心拍数の通知
  • 転倒検出

パフォーマンス

どっちを買う?Apple Watch Series 6とSEを比較 - パフォーマンス

「Apple Watch SE」にはSeries 5と同じS5チップが搭載されます。Series 3に搭載されたS3チップに比べて最大2倍高速です。

一方で「Apple Watch Series 6」にはS5に比べて最大20%高速な最新のS6チップとウルトラワイドバンドのU1チップが搭載されます。iPhone 11に搭載されたA13 BionicチップをベースにしたS6チップによってアプリの起動も20%の高速化を実現。また、5GHzのWi-Fiもサポートしています。

電池持ちはいずれも最大18時間ですがApple Watch Series 6ではSeries 5に比べて20%高速で1.5時間以内にフル充電可能とのこと。watchOS 7で睡眠分析アプリが追加されるため、起床から出かけるまでのわずかな時間でより多く充電できるのは便利ですね。

Apple Watch Series 6
  • S6 SiP
    • S5に比べて最大20%高速
  • U1チップ
  • 急速充電に対応
    • Series 5に比べて20%高速。1.5時間以内にフル充電
  • 5GHzのWi-Fi
Apple Watch SE
  • S5 SiP
    • S3チップに比べて最大2倍高速

販売価格

どっちを買う?Apple Watch Series 6とSEを比較 - 販売価格

販売価格は「Apple Watch SE」が29,800円から、「Apple Watch Series 6」が42,800円から購入できます。

常時表示ディスプレイや血中酸素濃度、日本での提供間近とされている心電図測定、急速充電機能を利用したい場合は「Apple Watch Series 6」を選ぶことになりますが、常時表示ディスプレイをオンにすると電池持ちが悪いためオフにしている人もいるようです。初めてApple Watchを利用する人などは「Apple Watch SE」から始めるのも良いと思います。

価格はすべて税別です。

Apple Watch Series 6
  • アルミニウムケース: 42,800円〜
  • ステンレススチールケース: 72,800円〜
  • チタニウムケース: 82,800円〜
Apple Watch SE
  • 29,800円〜

関連記事

コメント利用規約

過激な表現を用いたコメントは修正後に投稿するか削除します

攻撃的な表現を含む場合はIPアドレスを明記して公開します

コメントを残す

(任意)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

プロフィールアイコン

Yusuke Sakakura

iPhone・Androidやスマートスピーカーに関するニュースはもちろん、レビューも届けるブログメディア「携帯総合研究所」主宰。元システムエンジニア、iPhoneの料金を3社間で比較できるシミュレーターの開発も

Latest新着記事

スマホアプリ

2020/09/22
ホーム画面に好きな画像を置ける「WidgetSmith」の使い方

iPhoneの小ワザ、裏ワザ

2020/09/22
iPhoneアプリのアイコンを好きな画像に変える方法

Pixelの噂・最新情報

2020/09/22
「Pixel 5」の販売価格は約7.6万円?

iOS 14

2020/09/22
更新:Gmail、iOS 14のデフォルトアプリに対応
Recommendこんな記事も読まれています