bubble bubble2 google-plus facebook facebook2 twitter instagram twitter2 cart

Apple、誤ってApple Watch向け「睡眠」アプリの存在をリークする

Apple Watch

Apple、誤ってApple Watch向け「睡眠」アプリをリークする

スマートウォッチとしてApple Watchに足りないものはバッテリーの持ち時間のほかに、睡眠の時間や質などを分析して改善を促す睡眠トラッキング機能の存在を上げるユーザーが多い。

Appleはユーザーの声に耳を傾けて同機能の開発に取り組んでいると報じられたものの先月のスペシャルイベントでは発表されることはなかったが、Apple自らまだ公開されていない「睡眠」アプリの存在をリークしてしまったようだ。

Appleが睡眠アプリの存在を認めた証拠が見つかる

MacRumorsの読者Daniel Marcinkowski(@dmarcinkowski_)が、App Storeで公開されているApple Watch用アラームアプリのページに、ベータ版にも含まれていない「睡眠」アプリの存在を示唆するスクリーンショットを発見したことを報告した。

スクリーンショットには、アラームを追加できるボタンとアラームごとにオン・オフできるスイッチが表示され、現行のバージョンでは確認できない「睡眠アプリで就寝時間と起床時間を設定しましょう」の説明が表示されている。

重要なのはAppleがApple Watch向けの「睡眠」アプリを開発しているという証拠が取れたこと。

早ければ先月開催されたスペシャルイベントで発表と報じられていたが、マイナーアップデートのApple Watch Series 5だけが発表されて終了した。今回の証拠によって噂がただの噂では終わらなかったということだ。

Apple Watchの睡眠トラッキング機能は、複数のセンサーを使って睡眠中の動きや心拍数、いびきを検出して睡眠データを作成し、睡眠アプリでチェックできるという。

今回のスクリーンショットで明らかになったアラームとの連携機能も備えていて、Apple Watchでアラームを鳴らして起床を促し、起きたことを検出すると自動的にアラームが解除されるそうだ。

ほかにも電車に乗っている時に便利そうな手首の振動だけで起床を促すオプションや睡眠を妨げないように就寝時に自動でおやすみモードを自動でオンにしてくれるという。また、就寝中に充電できない問題は過去に使っていたApple Watchを利用することで解消できると報じられている。

コメントを残す

コメント利用規約

コメントは承認後に表示されます

過激な表現を用いたコメントは修正後に投稿するか削除します

攻撃的な表現を含む場合はIPアドレスを明記してコメントを公開します

(任意)
(任意)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

プロフィールアイコン

Yusuke Sakakura

iPhone・Androidやスマートスピーカーに関するニュースはもちろん、レビューも届けるブログメディア「携帯総合研究所」主宰。元システムエンジニア、iPhoneの料金を3社間で比較できるシミュレーターの開発も

Latest新着記事

Pixelの噂・最新情報

2019/10/22
Pixel 4、サード製ワイヤレス充電器で最大11Wの急速充電に対応

Pixelの噂・最新情報

2019/10/22
Pixel 4、顔認証に対応するアプリは5つだけ。開発者の対応が必要

ポケモンGO攻略

2019/10/22
ポケモンGO、オンライン対戦機能「GOバトルリーグ」を2020年早期に提供

Pixelの噂・最新情報

2019/10/21
Pixel 4、顔認証の寝顔問題をアップデートで解消へ。提供時期は“今後数ヶ月”
Recommendこんな記事も読まれています