au「povo」はいつから開始?デメリットやahamoとの料金比較も

au

au「povo」はいつから開始?デメリットやahamoとの料金比較も

KDDIが新ブランド「povo」(ポヴォ)を2021年3月から開始し、ahamoやLINEMOに対抗する月額2,480円の新料金プランを提供します。

データ容量は20GBで5Gには2021年夏に対応予定。料金だけを比べればahamoよりも安く、大手3社が提供する20GBプランとしては最安値になります。

この記事ではpovoがいつからスタートするのか、オプションとトッピングの違い、デメリットや注意点、競合プランとの比較をしています。提供開始日までにプラン内容は変更された場合など随時更新します。

目次

「povo」とは?

「povo」とは?

povoはKDDIの新ブランドです。正式名称は“povo on au”で、発表会でKDDIの高橋社長は“auのなかで”と発言していることからドコモのなかで提供されるahamoに近い立ち位置で提供されます。

対応エリアや通信速度はauと同じ。KDDIが「auの高品質な5G・4G LTEのネットワークを利用するため、安心で快適なデジタル体験をお楽しみいただけます」と説明していることから混雑する時間帯でも快適に利用できます。

新ブランドは原則オンライン専用(一部店舗での取り扱いを検討中)ため、auショップなどでは手続きや申込み、サポートは受け付けていません。各種手続きや申込みはアプリまたはウェブで行う必要があります。

名前の由来は「新たな視点」を意味するPoint Of Viewと「誕生と成長」を意味するラテン語のab OVOを組み合わせた造語で、“新たな視点によるサービスの誕生と成長”を意味しています。

“シンプルで柔軟性の高いプラン設計をコンセプト”にしたpovoでは、使い方に合わせてトッピングを追加して最適なプランを自分で設計可能。具体的な内容は次の項目で紹介します。

povoの料金・プラン内容

povoの料金・プラン内容

povoのプラン内容は、月額2,480円でデータ容量が1ヶ月20GBまでと非常にシンプルです。家族割やセット割、利用開始から6ヶ月または1年間は無料といった複雑な割引はありません。テザリングオプションも込みの料金です。

povoの最大の特徴は“トッピング”です。

オンライン授業やリモート会議、Netflixでドラマが見たい!でもデータ容量が足りない時に、アプリからトッピングの「データ使い放題 24時間」を追加することで200円で24時間データ使い放題になります。

ほかにもデータ使用量が20GBを超えて送受信最大1Mbpsの速度制限が適用された時に1GBごとにデータを追加して速度制限を解除したり、かけ放題オプションを追加することも可能。トッピングは今後も新しいメニューが拡充される予定です。

povoの料金・プラン内容

トッピングとオプションとの違いですが、言い換えただけで違いはありません。データ使い放題 24時間以外のトッピングはauでオプションとして提供されているものと大きく変わりません。

povo
月額料金2,480円
データ容量20GB
速度制限送受信最大1Mbps
音声通話20円/30秒
SMS送信: 1通あたり3円 (70文字まで)
受信: 無料
トッピングデータ使い放題 24時間: 200円/24時間
データ追加 1GB: 500円/1GB
5分以内通話かけ放題: 500円/月
通話かけ放題: 1,500円/月
ブランドのりかえ手数料無料
5G
2021年夏対応予定
国際ローミング提供予定
手数料契約事務手数料:0円
契約解除料:0円
au、UQ mobileからの移行:0円

povoはいつから開始?

povoはいつから開始?

povoのサービス開始時期は2021年3月32日に決定しました。

2月1日から先行エントリーが開始。先行エントリーしてpovoを契約すると3,000円相当分のau PAY残高がプレゼントされます。なお、2021年夏までに契約すると家族割カウントの対象になります。

povoで使える機種は?

povoで使える機種はauスマートフォンと発表されています。

他社で販売されているスマートフォンやSIMフリーのスマートフォンについてau広報部に確認したところ、動作確認中で公式サイトに後日発表されるとのことでした。

まとめましょう。

auからpovoに移行する場合は現在利用しているスマートフォンがそのまま使えます。ただし、対応機種はiPhone 8以降のモデルまたはVoLTEに対応したAndroidです。

ドコモやソフトバンクなど他社のスマートフォンを利用している場合は、今後発表される動作確認機種を購入するか、他社で利用しているスマートフォンが動作確認機種の場合はSIMロックを解除して使うか、新たにauスマートフォンを購入する必要があります。

なお、povoのサービス開始時点ではSIMのみ契約が可能。povo専用オンラインショップといった場所での端末販売は未定のため、auの回線契約なしでauスマートフォンを購入するにはauショップに行きましょう。かえトクプログラムを利用して購入できます。

残念ながらau Online Shopでは、回線契約なしで端末のみを購入することはできません。

povoはeSIMにも対応予定

povoではeSIMにも対応する予定です。

通常はオンラインでの申込みからSIMの到着まで待つ必要がありますが、eSIMであればSIMの到着を待つ必要なくサービスを使い始めることができます。

SIMカードや書類の受け取りを本人確認としている場合はeSIMに対応していてもその場で使い始めることはできませんが、これについてはeSIM対応時に詳細が案内されるはずです。

povoのデメリット・注意点は?

  • キャリアメールが使えない
  • 海外ローミングは検討中
  • 5Gは2021年夏まで利用不可
  • 家族割なし、auスマートバリューの割引なし
  • 留守番電話は利用できない

キャリアメールが使えない

povoではキャリメールが利用できません。povoの特徴であるトッピングでの提供を期待していましたが、発表会で明確に否定しました。KDDIはキャリアメールを提供しない理由としてニーズがないものはできるだけ減らしたと説明しています。

海外ローミングは未定。5Gは夏まで利用不可

海外ローミングについては現時点で詳細が発表されておらず検討中と説明されています。

5Gについては2021年夏に対応予定。一定期間は5Gが使えない期間が存在することになります。

また、auやUQ mobileから移行する際にはおそらくMNPの手続きが必要ですが、変更手数料は0円です。

家族割なし、auスマートバリューの割引なし

povoは家族割やauスマートバリュー、スマイルハート割引の対象外です。

家族割については家族人数のカウント対象外のため、家族でauを利用していて誰かが一人でもpovoに変更すると、auに残された家族の携帯料金が上がる場合があります。

例えば、auを4人で契約していると、家族割プラスによって一人あたり-2,020円の割引が適用されますが、二人がpovoに変えると割引額は一人あたり-500円まで減額されるため、家族全体の割引額が8,080円(2020円x4人分)から1,000円(500円x2人分)まで下がってしまいます。

ただし、2021年夏までにpovoを契約するとpovoの回線も家族人数のカウント対象になるため、家族でauを利用していてpovoへの乗り換えを検討している場合は早めに契約しましょう。

留守番電話は利用できない

auでは留守番電話サービスは利用できません。

Androidの場合はOS標準のボイスメールを使うことで無料で代用できますが、iPhoneの場合は留守番電話は使えないことになります。iPhoneユーザーにとっては大きなデメリットです。

povoは安い?ahamoと比較

povoの料金はLINEMOと並んで2,480円の最安値ですが、ahamoと違って音声通話の使い放題が含まれず、20円/30秒で使った分だけ払う必要があります。

KDDIによれば20代未満のユーザーの6割以上が音声通話を10分未満しか使っていないそうです。なお、月額500円のトッピングをするとahamoと同じプランになるので柔軟性は優れています。

au
povo
LINEMOドコモ
ahamo
楽天モバイル
料金2,480円2,480円2,980円1GBまで無料
3GBまで980円
20GBまで1,980円
20GB超は2,980円
家族割なし
カウント対象外
なし
カウント対象外
なし
カウント対象
なし
セット割なしなしなしなし
5G
2021年夏対応予定
データ容量20GB20GB+LINEデータ使い放題20GB楽天回線:無制限
パートナー回線(国内):5GB
パートナー回線(海外):2GB
追加データ500円/GB500円/GB500円/GB500円/GB
速度制限送受信最大1Mbps送受信最大1Mbps送受信最大1Mbpsパートナー回線(国内):送受信最大1Mbps
パートナー回線(海外):送受信最大128kbps
音声通話20円/30秒20円/30秒5分以内の国内通話
無料
アプリ利用で国内通話
無料
通話定額5分以内通話かけ放題
500円
国内通話かけ放題
1,500円
5分以内通話かけ放題
500円
国内通話かけ放題
1,500円
国内通話かけ放題
1,000円
国際通話かけ放題
980円
キャリアメールなしなしなし2021年夏ごろ提供
テザリング追加料金なし追加料金なし追加料金なし追加料金なし
海外利用検討中海外パケットし放題
別料金
82カ国で別料金不要世界66カ国で別料金不要
利用期間の引き継ぎXX
開始時期2021年3月23日2021年3月17日2021年3月26日2021年4月

よくある質問

ネットワーク・品質・エリアはauと同じ?

設備構成が一部異なるため、5Gの提供時期が今夏となりますが、エリアや通信速度はauと同等の品質です。

キャリアメールは使えますか?

使えません。

eSIMに対応していますか?

対応予定ですが時期は不明です。

まとめて支払い(キャリア決済)に対応している?

対応しています。

iPhoneの取り扱いは?

サービス開始時はSIMのみ契約が可能です。povoから端末を購入することはできません。

海外利用は?

詳細について今後発表予定です。

テザリングは利用できる?

無料で利用可能です。データ容量20GBのなかで利用できるほかトッピングの使い放題も適用されます。

データくりこしに対応していますか?

対応していません。

留守番電話サービスに対応していますか?

対応していません。

3Gに対応していますか?

対応していません。

家族割は対象ですか?

povoの契約回線に対する割引はありません。回線数で割引額が異なる家族割の回線数としてもカウントされません。ただし、2021年夏までにpovoを契約すると早期申込の特典で家族割の回線数としてカウントされます。

auスマートバリューは対象ですか?

割引の対象外です。

スマイルハート割引は対象ですか?

割引の対象外です。

タブレットのデータシェアプランは利用できますか?

現時点で未定です。

ブランド変更するとアップグレードプログラムEXやかえトクプログラム、端末の残り支払い分はどうなりますか?

かえトクプログラムについてはpovoへの移行後も継続して利用できます。他については案内がありません。

au契約期間は引き継ぎできますか?

できません。

法人契約できますか?

できません。20歳以上の個人のみです。

関連記事

コメント利用規約

過激な表現を用いたコメントは修正後に投稿するか削除します

攻撃的な表現を含む場合はIPアドレスを明記して公開します

コメントを残す

(任意)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

プロフィールアイコン

Yusuke Sakakura

iPhone・Androidやスマートスピーカーに関するニュースはもちろん、レビューも届けるブログメディア「携帯総合研究所」主宰。元システムエンジニア、iPhoneの料金を4社間で比較できるシミュレーターの開発も

Latest新着記事

ニュース

2021/02/26
キャリアメール持ち運び、総務省「ahamoも対象にすべき。来夏までの実現が適当」

au

2021/02/26
ドコモとKDDI、解約手続きページを検索結果から除外。総務省指摘で修正

Twitterニュース

2021/02/26
Twitterで収益化。月500円の投げ銭“スーパーフォロー”発表

NTTドコモ

2021/02/25
ドコモ社長、ahamoの値下げ「やらない」と明言。先行申込は150万超
Recommendこんな記事も読まれています