未発表の新型Chromecast、米量販店で誤って販売されてしまう

bio
Yusuke Sakakura

未発表の新型Chromecast、米量販店で誤って販売されてしまう

日本時間10月10日、Googleは新製品発表イベントを開催し、日本発売が確実視されている「Pixel 3」と「Pixel 3 XL」、スマートディスプレイ「Google Home Hub」を正式に発表する予定だ。

そして、この発表リストに第3世代の新型Chromecastも加わることが明らかになった。

Google StoreのChromecastは「在庫なし」に

Redditユーザーのu/GroveStreetHomieは、家電量販店のBest BuyでChromecastを購入したところ、パッケージとデザインが現在販売されているモデルとは違うことに気づき、おそらく第3世代のChromecastではないかと報告した。

第3世代の新型モデルとされるChromecastは、パッケージデザインが現行と異なり、本体は光沢のないマットデザインでChromeロゴはPixelなどにも使用されている「G」ロゴに変更されている。本体はわずかに分厚くなっているそうだ。なお、新型ChromecastをセットアップするにはまだリリースされていないGoogle Homeアプリが必要で現在は利用することができないとのこと。

Android Policeは、Best Buyが誤って販売したChromecastが新型モデルであることは間違いないとしながらも、BluetoothやWi-Fiの変更が実施され、FCCを再通過した「A4RNC2-6A5B」であるかは断定できないとしている。つまり、新型Chromecastがもう一つ存在する可能性があるということだ。

「A4RNC2-6A5B」は、現行モデルでサポートしていないリモコンやゲームコントローラーに対応し、噂されているストリーミング形式のゲームサービスがChromecastで楽しめるのではないかと予想されている。当方でGoogle直営のオンラインストアでChromecastの在庫を調べたところ「在庫なし」となっていることを考えても数日後に新型Chromecastが発表される可能性は高そうだ。

関連記事

コメント利用規約

過激な表現を用いたコメントは修正後に投稿するか削除します

攻撃的な表現を含む場合はIPアドレスを明記して公開します

コメントを残す

(任意)

Recommendこんな記事も読まれています