bubble bubble2 google-plus facebook facebook2 twitter instagram twitter2 cart

Google製スマートディスプレイ「Google Home Hub」が流出。価格は1.6万円?

スマートスピーカー/スマートディスプレイ

Google製スマートディスプレイ「Google Home Hub」の画像やスペックが流出

2018年末発売と報じられていたGoogle製のスマートディスプレイはやはり存在していたようだ。日本時間10月10日に開催されるイベントを前に「Google Home Hub」の画像やスペックが流出した。

プライバシーに考慮してフロントカメラ非搭載か

Google製スマートディスプレイの存在を明らかにしたのはリーク関連でお馴染みのmysmartprice。公開された画像からは製品名が「Google Home Hub」であることやスペックなども確認できる。

「Google Home Hub」は、Gロゴがプリントされたファブリック素材のスピーカーに7インチの液晶ディスプレイを搭載したデバイス。重さはわずか480gで、スマートスピーカー「Google Home」と比較しても3gの違いしかない。7インチのディスプレイが搭載されていながら驚きの軽さだ。

背面にはボリュームボタンとプライバシーに考慮したマイクのオン/オフボタン、フロント部には照度センサーが配置されているが、Amazonoの「Echo Spot」など他のスマートディスプレイに搭載されているビデオ通話で必要なフロントカメラは存在していない。Googleはプライバシーを配慮してカメラの搭載を見送った可能性がある。

Google Home Hub Google Home Hub

というのもスマートスピーカー「Google Home」の発売直後は部屋の音がGoogleに転送されているのではないか?とプライバシーを気にする声が多くあった。スマートディスプレイでは部屋の映像が転送されているのではないか?と気にする声があがることは容易に想像できる。

なお、AndroidAuthorityが小売業者から得た情報によれば、「Google Home Hub」の販売価格は149ドルーー日本円で約1.6万円となるそうだ。

129.99ドルの「Amazon Echo Spot」よりも多少高くなるが、同じGoogleアシスタントを搭載したJBLやLenovoのスマートディスプレイは200ドル〜250ドルで販売されているため、Googleアシスタントを搭載したスマートディスプレイと比べれば非常に安い。

Googleは来月10日にイベントを開催し「Pixel 3」シリーズと共に「Google Home Hub」を発表することになるだろう。ただ、日本発売が確実視されているPixel 3/Pixel 3 XLに対して「Google Home Hub」が日本で発売されるかは不明だ。

「Google Home Hub」のスペック

サイズ67.3 x 178.3 x 118mm
重さ480g
ディスプレイ7インチタッチスクリーン
Wi-Fi802.11 b/g/n/ac
Bluetooth
カラーチョーク、チャコール

コメントを残す(承認後に表示されます)

(任意)
(任意)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

プロフィールアイコン

Yusuke Sakakura

iPhone・Androidやスマートスピーカーに関するニュースはもちろん、レビューも届けるブログメディア「携帯総合研究所」主宰。元システムエンジニア、iPhoneの料金を3社間で比較できるシミュレーターの開発も

Latest新着記事

スマホアプリ

2018/12/19
ポケモンGO、伝説のポケモン「ヒードラン」が登場。弱点・攻略法は?

Twitterニュース

2018/12/19
Twitter、タイムラインを新着順・時系列に並べ替えできるボタンを正式公開

iPhone XR

2018/12/18
Apple、iPhone XS・XR向けのバッテリー付きレザーケースを発売か

PayPay

2018/12/18
PayPay、クレジットカードの不正利用を対策。セキュリティコードの連続入力を制限
Recommendこんな記事も読まれています