Galaxy S22シリーズの画面サイズ判明か。3機種とも小画面化の噂

bio
Yusuke Sakakura

Galaxy S22シリーズの画面サイズ判明か。3機種とも小画面化の噂

毎年1月〜3月に発表されるSamsungのフラグシップスマートフォンGalaxy Sシリーズの新型モデル(仮称:Galaxy S22)に関する情報が早くも報じられている。

発表前にGalaxy S21シリーズの実機写真を公開したリーカーのMauri QHDによればラインナップは全3機種で画面サイズはすべて6インチ台になるという。

LTPOディスプレイはGalaxy S22 Ultraのみ採用か

8つの情報のうち7つが正確だった情報源からMauri QHDが仕入れた情報によると、来年のフラグシップモデルGalaxy S22シリーズは、6.06インチ、6.55インチ、6.81インチになるという。

今年発売されたGalaxy S21シリーズは、最も小さい「Galaxy S21 5G」が6.2インチ、中間の「Galaxy S21+ 5G」が6.7インチ、最も大きい「Galaxy S21 Ultra 5G」が6.9インチだったため、すべてのモデルで画面サイズが小さくなるようだ。

また、消費電力を抑えて電池持ちの改善につながる可変式のリフレッシュレートを実現するLTPOディスプレイは今年と同じ最上モデルのUltraに限定されるとのこと。

信ぴょう性は不明だが別の情報源もMauri QHDとほぼ一致する情報を伝えている。

画面サイズLTPOディスプレイリフレッシュレートSペン
Galaxy S22 5G6.06インチX
Galaxy S22+ 5G6.55インチX
Galaxy S22 Ultra 5G6.81インチ
Galaxy S21 5G6.2インチX48-120HzX
Galaxy S21+ 5G6.7インチX48-120HzX
Galaxy S21 Ultra 5G6.9インチ48-120Hz

今年発売されたGalaxy S21シリーズは、Ultraを除いてフラットディスプレイを採用しゲームや動画の映像がなめらかに表示される最大120Hzのリフレッシュレートに対応した。

Galaxy S21 Ultra 5GはGalaxy Noteシリーズの最大の特徴であるSペンにも対応。来年発売されるモデルではより多くの機種がSペンに対応することを期待したい。

関連記事

コメント利用規約

過激な表現を用いたコメントは修正後に投稿するか削除します

攻撃的な表現を含む場合はIPアドレスを明記して公開します

コメントを残す

(任意)

Recommendこんな記事も読まれています