bubble bubble2 google-plus facebook facebook2 twitter instagram twitter2 cart

会話できるAIアシスタント「Google Assistant」、Android 6.0以上の全端末に配信へ

Googleニュース

音声アシスタントAI「Google Assistant」、Android 6.0以上の全端末に配信へ

Googleが、昨年のGoogle I/O 2016で発表した会話できるAI搭載のアシスタント機能「Google Assistant」をAndroid 6.0以上を搭載する全てのデバイス向けに配信することを発表しました。

「Google Assistant」がAndroid 6.0以上で利用可能に。日本は非対応

Googleの発表によると、今週からAndroid 7.0 NougatとAndroid 6.0 Marshmallowをインストールしているスマートフォン向けにGoogle Play開発者サービスを通じて「Google Assistant」が配信されるとのこと。つまり、メーカーごとに対応が異なるOSアップデートが必要ありません。

ただし、配信される地域と利用言語が限定されています。まずはアメリカ、オーストラリア、カナダ、イギリス、ドイツで展開され、来年にかけて多くの言語を追加していく予定。日本への配信予定時期は明かされていません。

また、Google Assistantは本日発表された「LG G6」などパートナーデバイスにもプリインストールされます。Google Assistantを搭載するパートナーデバイスは現在スペイン・バルセロナで開催されているMobile World CongressのAndroid Global Villageで展示されており、具体的なメーカーとしてHTC、HUAWEI、サムスン、ソニーといったメーカー名とGalaxy S7、LG V20、HTC 10といったデバイスにインストールされる画像が公開されています。

Google Assistantとは?

Google Assistantは、Androidスマートフォンのホームボタンを長押しするか、「OK Google」と呼びかけて会話をすると、話している内容はもちろんそれまでの会話の流れを人工知能で汲み取ってスマートフォン内の写真を検索したり、映画の上映時間を調べたり、レストランを予約することができる会話型のAIアシスタント機能。

Google Assistantとは?
Google Alloで利用できる「Google Assistant」

現在、Google Assistantを利用するには、PixelやGoogle Home、Android Wear 2.0といったデバイスを購入するか、メッセージアプリ「Allo」(iOS/Android)をダウンロードする必要がありました。最も手軽な方法は「Allo」のダウンロードですが、利用できる機能は限定されていました。今回の対応機器の拡大によってGoogle Assistantがより身近な存在になります。

コメントを残す(承認後に表示されます)

(任意)
(任意)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

プロフィールアイコン

Yusuke Sakakura

iPhone・Androidやスマートスピーカーに関するニュースはもちろん、レビューも届けるブログメディア「携帯総合研究所」主宰。元システムエンジニア、iPhoneの料金を3社間で比較できるシミュレーターの開発も

Latest新着記事

キャッシュレス

2018/12/11
スマホ決済の利用経験は45%〜「楽天Edy」がトップ、コード決済1位は「楽天Pay」に

セール

2018/12/10
終了まであとわずか、Amazonサイバーマンデーで売れたものトップ10

NTTドコモ

2018/12/10
ずっと毎月1,500円割引のdocomo with「AQUOS Sense2」を12月14日発売。価格は一括3.1万円

LINE

2018/12/10
LINE、京都市でキャッシュレス化を促進。年内にシェアバイクサービスも展開へ
Recommendこんな記事も読まれています