2段階認証アプリ「Google 認証システム」でようやくまとめて移行可能に

bio
Yusuke Sakakura

2段階認証アプリ「Google 認証システム」でようやくまとめて移行可能に

2段階認証で必要な認証コードをアプリ上で確認できる「Google Authenticator」の最新版バージョン5.10がGoogle Playで公開された。

同アプリがアップデートされるのは2017年以来、3年ぶりとなる。

アプリ上で移行用のQRコード表示に対応

バージョン5.10では、ここ数年のトレンドである縦長のディスプレイに対応。Pixel 4シリーズでもフルサイズで認証コードを確認可能になった。マテリアルデザインも最新化されており、有機ELディスプレイのスマートフォンに恩恵のある真のダークモードにも対応している。

最大のアップデートは認証コードをカンタンに別のスマートフォンに移行できるようになったこと。

Google AuthenticatorGoogle Authenticator

これまでは1つ1つのサービスにアクセスして2段階認証の登録をしなおす必要があったが、バージョン5.10では、アプリ上で移行用のQRコードを表示して、新しいスマートフォンで読み込むと、登録している全サービスの認証コードが一発で移行されるようになった。

アップデートは順次配信となっているが、APK Mirrorから最新版をダウンロードできる。現時点でiOS版のアップデートは公開されていないため、OS間の移行はまだ手間がかかる。

関連記事

コメント利用規約

過激な表現を用いたコメントは修正後に投稿するか削除します

攻撃的な表現を含む場合はIPアドレスを明記して公開します

コメントを残す

(任意)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Recommendこんな記事も読まれています