Google Chrome、iOS 14の公開前にデフォルトアプリに先行対応

Yusuke Sakakura

Google Chrome、iOS 14の公開前にデフォルトアプリに対応

来週開催のイベントで発表が噂されている「iOS 14」と「iPadOS 14」。最もインパクトのある変更の1つとしてデフォルトアプリの解放がある。

これまではSafariなどがデフォルトアプリに設定されていて変更することはできなかったが、iOS 14/iPadOS 14ではサードパーティのウェブブラウザやメールアプリをデフォルトに設定することが可能になる。

デフォルト設定を変更するにはOSのアップデートに加えてアプリ側の対応も必要になるが、今日App Storeで公開された最新版のGoogle ChromeではiOS 14/iPadOS 14の公開に先立ってデフォルトアプリに先行対応した。

ベータ版iOS 14で変更可能に

これまではすべてのアプリケーションでリンクをタップすると内蔵ブラウザまたはSafariでウェブページが表示される仕様だった。iOS 14/iPadOS 14ではデフォルトアプリを変更することでGoogle Chromeなどサードパーティ製のアプリでリンク先のページを開くことができる。

設定を変更するにはデフォルトアプリに対応したアプリをダウンロードして設定画面から対応したアプリを選択。「デフォルトのブラウザApp」に進んでアプリを変更すればいい。

もちろん設定を変更するにはiOS14/iPadOS 14が必要になる。配信時期は今年秋と案内されていて現在は開発者やテスター向けにベータ版が提供されている段階にある。もしかすると来週開催されるオンライン限定のイベントで新型iPadおよびApple Watchと共に配信日など詳細が発表されるかもしれない。

関連記事

コメント利用規約

過激な表現を用いたコメントは修正後に投稿するか削除します

攻撃的な表現を含む場合はIPアドレスを明記して公開します

コメントを残す

(任意)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Recommendこんな記事も読まれています