Googleマップ、車イスやベビーカーで移動しやすい経路検索が可能に

bio
Yusuke Sakakura

Googleマップ、車イスやベビーカーで移動しやすい経路検索が可能に

Photo By MTA

Googleの地図アプリ「Googleマップ」で本日から車イスやベビーカーでも移動しやすい経路を検索できるオプションが追加された。

エレベーターや広いホーム、安全策が設置された駅の利用を促す「車椅子」オプション

Googleはどの駅や経路が車イスに適しているか、といった情報を得るのが難しいとし、誰もが公共交通機関を利用してカンタンに移動できるように車イスオプションを追加したと発表した。

車イスオプションを利用するにはいつものように目的地を入力して「経路」ボタンをタップ。経路の結果画面で「オプション」を選択して最適な経路から「車椅子対応」にチェックを入れた後で元の画面に戻ると車椅子に対応した経路が表示される。

Googleマップ、車椅子オプションを追加 Googleマップ、車椅子オプションを追加

車イスオプションを有効にするとエレベーターや広いホーム、安全柵が設置された駅を利用するように案内されるようだ。Googleは車椅子だけでなく、ベビーカーや松葉杖の利用者でも移動がしやすくなると案内している。

現在、車イスのオプションはロンドン・ニューヨーク・東京・メキシコシティ・ボストン・シドニーで利用できる。今後も交通機関と連携して数ヶ月の間に対応都市を拡大していく予定だ。

  • Introducing “wheelchair accessible” routes in transit navigation

関連記事

コメント利用規約

過激な表現を用いたコメントは修正後に投稿するか削除します

攻撃的な表現を含む場合はIPアドレスを明記して公開します

コメントを残す

(任意)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Recommendこんな記事も読まれています