bubble bubble2 google-plus facebook facebook2 twitter instagram twitter2 cart

LINE Pay(ラインペイ)でチャージする方法 コンビニやATM・銀行振込でも

LINE Pay

LINE Pay(ラインペイ)のチャージ方法 コンビニ、銀行口座、オートチャージなどまとめ

LINEのモバイル決済・送金サービス「LINE Pay(ラインペイ)」は、プリペイド型のため利用する前にLINE Pay口座への「チャージ」が必要です。

チャージの使い勝手はLINE Payの使い勝手に直結しますが、LINE Payではコンビニや銀行口座、ATMからチャージできるほか、残高が減ったら自動で入金するオートチャージも利用できます。

この記事ではLINE Payのさまざまなチャージ方法を紹介します。

目次

銀行口座からチャージする

LINE Payのチャージ対応口座

LINE Payでは口座振替を利用して銀行口座からチャージすることもできます。ただし、以下に記載したLINE Pay対応の銀行口座からのみチャージできます。

LINE Payに対応する銀行
あ行
愛知銀行青森銀行秋田銀行
足利銀行阿波銀行イオン銀行
伊予銀行岩手銀行SBJ銀行
愛媛銀行大垣共立銀行
か行
香川銀行北日本銀行京都銀行
きらやか銀行熊本銀行群馬銀行
京葉銀行高知銀行
さ行
埼玉りそな銀行山陰合同銀行四国銀行
滋賀銀行静岡銀行七十七銀行
じぶん銀行ジャパンネット銀行十六銀行
荘内銀行常陽銀行親和銀行
仙台銀行
た行
大光銀行第三銀行大東銀行
第四銀行千葉銀行千葉興業銀行
中京銀行築波銀行東邦銀行
東北銀行東和銀行徳島銀行
栃木銀行鳥取銀行トマト銀行
は行
八十二銀行百五銀行百十四銀行
広島銀行福井銀行福岡銀行
福島銀行北越銀行北都銀行
北洋銀行北陸銀行北海道銀行
ま行
三重銀行みずほ銀行みちのく銀行
三井住友銀行三菱UFJ銀行武蔵野銀行
や行
山形銀行山梨中央銀行ゆうちょ銀行
横浜銀行
ら行
楽天銀行りそな銀行
※2018年12月16日時点

LINE Payに口座を登録する

LINE Payに口座を登録する

登録する銀行口座を選択

LINE Payに口座を登録する

LINE Payの利用規約に同意してパスワードを設定

LINE Payに口座を登録する

登録先の銀行のサイトで設定を完了させる

銀行口座からLINE Payにチャージする

銀行口座からLINE Payにチャージする

セブン銀行ATMでチャージする

2017年10月からセブン銀行ATMでもLINE Payにチャージできるようになりました。

セブン銀行ATMは、コンビニ最大手のセブンイレブンはもちろん、駅や空港、サービスエリア、オフィスビルなどに23,000台以上が設置されていて、24時間・365日LINE Payへのチャージが可能です。1日あたりのチャージ限度額は最大50万円です。

セブン銀行ATMからLINE Pay残高にチャージするには、LINE Payカードを使う方法とQRコードを使ってスマートフォンだけでチャージする方法の2つが用意されています。

なお、LINE Pay残高をセブン銀行ATMから出金することも可能です。出金の手順は別の記事で説明しています。

QRコードでチャージする

LINE Payカードでチャージする

セブン銀行ATMにLINE Payカードを入れてチャージすることも可能です。QRコードを読み込む必要がないのでカンタンにチャージできます。チャージは現金のみで1回につき1,000円〜の制限があり、1,000円単位でチャージができます。

なお、LINE Payカードを利用するには別途申込が必要です。LINE Payカードの申し込み方法はこちらで解説しています。

LINE Payカードでチャージする

LINE Payカードレジチャージ

ナチュラルローソンやローソンストアを含む全国のローソンやAINZ&TULPEの店頭レジでもLINE Payカードを使用したチャージができます。チャージは現金のみで1回につき1,000円〜(AINZ&TULPEは1円〜)、上限は49,000円の制限があり、1円単位でチャージができます。

なお、LINE Payカードを利用するには別途申込が必要です。LINE Payカードの申し込み方法はこちらで解説しています。

コンビニでチャージする

コンビニでチャージする

レジやATMが混雑している時など利用したくない場合は、コンビニ設置されている専用端末を使ってLINE Payにチャージすることも可能です。 チャージできるコンビニはファミリーマートのみ(ローソン、ミニストップ、セイコーマート、サークルKサンクスは2018年2月13日に終了)。チャージは1,000円単位で1回299,000円まで可能です。

LINEで予約番号を発行する

コンビニでチャージする - LINEで予約番号を発行する

コンビニ端末でチャージする

オートチャージを設定する

LINE Payの残高が設定した金額を下回った時に、登録した銀行口座から自動でチャージする「オートチャージ」も利用できます。なお、オートチャージを設定する前に「銀行口座を登録」する必要があります。

オートチャージを設定する

【提供終了】Pay-easyでチャージする

2018年2月13日をもってPay-easyでのチャージは終了となりました。

ATMやインターネットバンキングで利用できる「Pay-easy」を使ってLINE Payにチャージすることも可能です。

Pay-easyでチャージするにはLINEアプリの「ウォレット」タブで「LINE Pay」をタップ。メニューから「チャージ」を選択します。

LINE Payを選択して「チャージ」をタップ

「Pay-easy」を選ぶと、最初に利用する場合は“資金決済法に基づく表示”が表示されるので一番下までスクロールして「同意します」ボタンをタップします。

チャージ方法から「Pay-easy」を選ぶ

「姓名」と「チャージ金額」を入力します。チャージ金額は手入力のほか、「+1,000」「+5,000」「+10,000」を押して入力します。「+X,XXX」のボタンはタップする度にチャージ金額を増やすことができます。金額が決まったら「チャージ」ボタンをタップします。

Pay-easyでチャージする
チャージ金額を入力する

ATMからチャージする場合はメニューから「Pay-easy」を、インターネットバンキングからチャージする場合は「Pay-easy」または「税金・各種料金払い込み」を選択して「収納機関番号」「お客様番号」「確認番号」を入力します。内容を確認して支払いボタンを押すとチャージが完了します。

Pay-easyでチャージする
LINEに表示される各種番号をATMやインターネットバンキングで入力する

金額の支払いはチャージボタンをタップしてから30分以内に終える必要があります。金額は1,000円単位でチャージできます。

【提供終了】専用口座に振り込んでチャージする

2017年10月31日をもって「チャージ専用口座」でのチャージは終了となりました。

自分が利用している銀行がLINE Payの銀行口座チャージに対応していない場合はLINE Payの「チャージ専用口座」に自分が振り込むことでLINE Payにチャージできます。

チャージ専用口座を利用するにはLINEアプリの「ウォレット」タブで「LINE Pay」をタップ。メニューから「チャージ」を選択します。

LINE Payを選択して「チャージ」をタップ

「チャージ専用口座」を選択して「口座確認」ボタンを押します。

「チャージ専用口座」→「口座確認」

支店名や口座番号、口座名義が表示されるので現金を振り込むとLINE Payの残高にチャージされます。

専用口座に振り込んでチャージする
チャージ専用口座の情報が表示される

チャージ専用口座を利用する場合は1回あたりのチャージ上限は10万円。残高上限は本人確認前(Cashアカウント)の場合は10万円まで、本人確認後(Moneyアカウント)の場合は100万円までチャージできます。

コメントを残す(承認後に表示されます)

(任意)
(任意)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

プロフィールアイコン

Yusuke Sakakura

iPhone・Androidやスマートスピーカーに関するニュースはもちろん、レビューも届けるブログメディア「携帯総合研究所」主宰。元システムエンジニア、iPhoneの料金を3社間で比較できるシミュレーターの開発も

Latest新着記事

セール

2018/12/17
4日間限定、Apple IDに入金すると10%分をプレゼントするキャンペーン開始

キャッシュレス

2018/12/17
Origami Pay(オリガミペイ)の使い方を解説 始め方・使えるお店・支払い方法など

LINE Pay

2018/12/17
LINE Pay(ラインペイ)の始め方 カードの使い方やチャージ、支払いまで全まとめ

LINE Pay

2018/12/16
LINE Pay(ラインペイ)の使い方 QRコード支払いや割り勘も
Recommendこんな記事も読まれています