bubble bubble2 google-plus facebook facebook2 twitter instagram twitter2 cart

Apple、2019年リリース予定の「iOS 13」でiPadを大幅強化か

iOS

Apple、2019年提供の「iOS 13」でiPadを再び強化か

開催日まで1ヶ月を切ったAppleの開発者向けイベント「WWDC18」では今秋リリース予定の「iOS 12」などの次期OSが先行発表される見込みだが、早くも2019年リリース予定の「iOS 13」に関する噂も出てきた。

BloombergのMark Gurman(@markgurman)が自身のTwitter投稿した情報によれば「iOS 13」ではiPad関連機能が再び大幅に強化されるようだ。

Apple Pencilの改善、ファイルアプリのアップデート、ホーム画面の再設計など

Mark Gurmanによると「iOS 13」ではiPadの大幅強化が実施される。具体的にはファイルアプリのアップデートやmacOSで採用されているアプリ内のタブ、Split Viewで同じアプリを並べて表示の有効化、Apple Pencilの改善。そしてホーム画面の再設計も含まれるようだ。

ちなみに、iOSのコードネームには世界各地にあるスキーリゾートの地域名が採用されていて最新のiOS 11.3ではイタリアのエーメット(Emet)が採用されているが、Mark Gurmanによれば「iOS 13」のコードネームはカナダ北西部のスキーリゾート地である“Yukon”が採用されるとのこと。


Appleが現地時間6月4日に開催する開発者向けのイベント「WWDC18」では今年秋にリリース予定の「iOS 12」が先行発表される可能性が高い。昨年秋にリリースされたiOS 11でバグが多発した影響で「iOS 12」ではOSの安定化とパフォーマンスの改善に注力すると報じられ、当初、目玉機能とされていたiOS/macOSアプリの共通化・統合化も2019年以降に持ち越しと伝えられている。

「iOS 12」と「iOS 13」は、主だった新機能がなくパフォーマンスの改善に注力された「iOS 9」と、“史上最大のアップデート”としてリリースされた「iOS 10」の関係性に酷似したものになりそうだ。

コメントを残す(承認後に表示されます)

(任意)
(任意)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

プロフィールアイコン

Yusuke Sakakura

iPhone・Androidやスマートスピーカーに関するニュースはもちろん、レビューも届けるブログメディア「携帯総合研究所」主宰。元システムエンジニア、iPhoneの料金を3社間で比較できるシミュレーターの開発も

Latest新着記事

au

2018/09/21
auも4年縛り見直し アップグレードプログラムEX/EX(a)の改定を発表

iPhone X / 8

2018/09/21
「iPhone XS」を買ったら設定しておきたいこと11のこと

ソフトバンク

2018/09/21
ソフトバンク、4年縛りを見直し 「半額サポート」の改定を発表

iPhone X / 8

2018/09/21
「iPhone XS」でアプリを終了する方法
Recommendこんな記事も読まれています