iOS 13、高速な新データ移行に対応か。iPhone同士をケーブルで接続?

iOS 13

iOS 13、高速な新データ移行に対応か。iPhone同士をケーブルで接続?

パブリックベータ版が公開され、秋に正式公開を控えている「iOS 13」

例年どおり新型iPhoneの発売直前にリリースされる次期OSにはデータ移行に関する重要なアップデートが含まれているかもしれない。

セットアップ時のバックアップ/リストアのストレス解消か

iHelp BRのエディターFilipe Espósitoはベータ版の「iOS 13」からホームボタンを搭載した旧型のiPhoneとホームボタンがなくノッチのディスプレイを搭載した比較的新しいiPhoneの画像を発見した。

2つのiPhoneは何らかのケーブルで接続されているようだ。画像以外の情報は得られていないようだが、同氏はセットアップ時に利用されるもので、iTunesやiCloudなしでより高速なデータ移行ができるのではないかと予想している。

購入したばかりの新しいiPhoneにこれまで使っていたiPhoneのデータを移行するにはiTunesまたはiCloudに接続してバックアップしてから復元する必要がある。バックアップにもリストアにも時間がかかるため、すぐに新しいiPhoneに触りたいのにそれができないストレスがある。

多くのAndroidでは2つのスマートフォンをケーブルで接続することで高速にデータを移行することができる。iOSもようやくこれに対応するかもしれない。

1つ気になるのは2つのiPhoneを結ぶケーブルが何であるのかということ。

iOS 13に対応するすべてのiPhoneにはLightningが搭載されているため、両方がLightning端子のケーブルが必要になる。現時点でLightning to Lightningケーブルは存在しないため、Appleは今年秋以降にデータ移行用のケーブルを同梱したり、オプションとして販売するかもしれない。

ただ、この機能が最も利用されるのは今年秋に発売される新型iPhoneだろう。新型iPhoneにUSB-C端子が搭載されれば既存の「USB-C – Lightningケーブル」で対応できるがどうだろうか。

関連記事

コメント利用規約

過激な表現を用いたコメントは修正後に投稿するか削除します

攻撃的な表現を含む場合はIPアドレスを明記して公開します

コメントを残す

(任意)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

プロフィールアイコン

Yusuke Sakakura

iPhone・Androidやスマートスピーカーに関するニュースはもちろん、レビューも届けるブログメディア「携帯総合研究所」主宰。元システムエンジニア、iPhoneの料金を4社間で比較できるシミュレーターの開発も

Latest新着記事

iPadの噂・最新情報

2021/04/21
ドコモ、新型iPad Proの価格発表。11万円から

NTTドコモ

2021/04/21
ドコモ、iPad Pro・AirTag・新色パープルiPhone 12を発売。23日から予約順次開始

ソフトバンク

2021/04/21
ソフトバンク、新型iPad ProとAirTag、新色iPhone 12発売。23日から順次予約開始

au

2021/04/21
au、新型iPad ProとAirTag、新色iPhone 12を順次発売。23日から予約開始
Recommendこんな記事も読まれています