bubble bubble2 google-plus facebook facebook2 twitter instagram twitter2 cart

iPhone 12、A14チップ搭載でiPad Pro超えの性能実現か

iPhoneの噂・最新情報

iPhone 12、A14チップ搭載でiPad Pro超えの性能実現か

今年秋に発売が予想されている新型iPhone(仮称:iPhone 12)は5G対応するほか、カメラが大幅に進化すると報じられている。

デバイスの要求する性能がアップすれば、受け止めるチップセットのパワーアップが必要になるが、iPhone 12に搭載されるA14チップはiPad Proをも超える性能になる可能性があるようだ。

カメラの画像処理やARの処理性能が大幅アップか

性能を数値化できるベンチマークスコアGeekBenchにてA14チップのスコアが追加された。Apple InsiderによればA14チップのスコアが登場するのは今回が初めてとなる。

クロック周波数が3GHzを示しているA14チップが叩き出したスコアは、iPhone 11シリーズに搭載されたA13 Bionicとの比較でシングルコアが25%、マルチコアも33%向上。

今年のAndroidハイエンドスマホの多くが採用しているSnapdragon 865をも大幅に上回り、マルチコアはiPad Proが搭載*するA12Xと同等かつシングルコアは500前後も大きく上回っている。

A14チップのベンチマークスコア

チップセットの大幅なパワーアップによってアプリや機能、カメラなどを単体で使用した時や複数のアプリを切り替えながら使用する際の操作性がより快適になり、カメラやAR、AIにおいてはより高度な映像処理などが可能になるはずだ。

A12Xチップは2018年11月に発売された第3世代12.9インチiPad Pro、11インチiPad Proに搭載されている。

スコアの信ぴょう性は不明だが、RS-NEWSによると公開したのは数々の実績があるリーカー@IceUniverseとのこと。

なお、A14チップは7nmプロセスから5nmプロセスに進化すると報じられている。

関連記事

コメント

コメント利用規約

過激な表現を用いたコメントは修正後に投稿するか削除します

攻撃的な表現を含む場合はIPアドレスを明記して公開します

コメントを残す

(任意)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

プロフィールアイコン

Yusuke Sakakura

iPhone・Androidやスマートスピーカーに関するニュースはもちろん、レビューも届けるブログメディア「携帯総合研究所」主宰。元システムエンジニア、iPhoneの料金を3社間で比較できるシミュレーターの開発も

Latest新着記事

キャッシュレス

2020/11/30
スタバ、レジに並ばず購入「モバイルオーダー&ペイ」を全国で開始

SIMフリー/格安スマホ

2020/11/30
+月額200円で5G、mineoが「5G通信オプション」発表

キャッシュレス

2020/11/30
au PAY、オーケーやユニクロなどで最大20%還元キャンペーン

セール

2020/11/30
Fire TV Stickも使える。缶サイズのプロジェクター“Anker Nebula”が最大1.4万円オフ
Recommendこんな記事も読まれています