bubble bubble2 google-plus facebook facebook2 twitter instagram twitter2 cart

iPhone 12、4眼カメラの画像が発見される

iPhoneの噂・最新情報

iPhone 12、クアッドレンズカメラの画像が発見される

Credit: CONCEPTSIPHONE

今年秋以降の発売が噂される新型iPhone(仮称:iPhone 12)には、トリプルカメラに「LiDARスキャナー」を加えた新しいカメラが搭載されると噂されている。新たに4つのレンズがどのように配置されるのかがわかる画像が見つかったようだ。

上位モデルにLiDARスキャナー搭載か

iOS 14から発見されたiPhone 12の画像は、4つのレンズがスクエア型に搭載されることを示唆している。おそらく、広角・望遠・超広角の3つのレンズに、新型iPad Proに搭載されたLiDARスキャナーを加えたもので、フラッシュライトは中央に移動するようだ。

LiDARスキャナーは被写体や背景との距離を測定できるToFセンサー。最大5メートル先の対象物との距離をナノ秒の超速で測定できるなどARをさらに進化できる。

信ぴょう性は不明だが、この画像を公開したconceptsiphoneは情報源をiOS 14と説明。また、過去には9to5MacがiOS 14のコードからiPhone 12シリーズの一部モデルにToFセンサーが搭載されることを確認している。

今年秋の発売が予想されるiPhone 12シリーズは、4機種ラインナップになる可能性が高い。画面サイズは5.4インチ、6.1インチx2、6.7インチですべて有機ELディスプレイを搭載し、5Gにも対応するという。

LiDARスキャナーはiPhone 12 Pro(6.1インチ)、iPhone 12 Pro Max(6.7インチ)として発売されるであろう上位2機種に搭載される見込み。なお、デザインは大幅にリニューアルされ、シリーズのなかでも最も高く評価された「iPhone 4」ライクになるようだ。

関連記事

コメント利用規約

過激な表現を用いたコメントは修正後に投稿するか削除します

攻撃的な表現を含む場合はIPアドレスを明記して公開します

コメントを残す

(任意)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

プロフィールアイコン

Yusuke Sakakura

iPhone・Androidやスマートスピーカーに関するニュースはもちろん、レビューも届けるブログメディア「携帯総合研究所」主宰。元システムエンジニア、iPhoneの料金を3社間で比較できるシミュレーターの開発も

Latest新着記事

SIM関係

2020/10/21
総務省、eSIM普及で携帯料金値下げか。値下げ効果に大きな疑問

iPhone 12

2020/10/21
iPhone 12 Pro/Maxのバッテリー容量も判明

iOS 14

2020/10/21
iOS 14.1が公開。ウィジェットなど多数の不具合が修正

iPhone 12

2020/10/20
iPhone 12、画面割れの修理費用は3万円
Recommendこんな記事も読まれています