bubble bubble2 google-plus facebook facebook2 twitter instagram twitter2 cart

iPhone 12、価格維持のため充電器とイヤホンの同梱廃止か

iPhoneの噂・最新情報

iPhone 12、価格維持のため充電器とイヤホンの同梱廃止か

今年後半の発売が予想される新型iPhone(仮称:iPhone 12)では、5G対応やデザインの変更など大規模なアップデートが噂されている。

大きな変化は本体だけでなくパッケージにも及ぶかもしれない。パッケージから充電器とイヤホンが姿を消す可能性があるようだ。

パッケージの小サイズ化で運送コストも削減可能

未発表のApple製品に関して高い精度を誇るMing-Chi Kuoの最新レポートによると、5G対応でコストが増加するiPhone 12の販売価格をiPhone 11から変えないために、有線イヤホンと電源アダプタの同梱が廃止されるという。

iPhone 12は、5G対応ながらiPhone 11よりも安いモデルが存在すると報じられていた。

同梱物の削減について同様に報じていたBarclaysのアナリストは「USB-C – Lightningケーブル」が同梱されると伝えていたが、KuoはLightningケーブルについては触れていない。

初めてiPhoneを購入する人にとってはそれなりの負担になるかもしれないが、Apple公式サイトで合計4,600円〜5,600円で販売されている同梱物が廃止されれば直接的なコストが削減され、パッケージのサイズが劇的に小さくなることで運送コストも削減できる。Appleが重要視している環境問題にも良い影響を与えそうだ。

なお、数日前に20Wの電源アダプタがiPhone 12のパッケージに同梱されると報じられ、認証機関を通過していることも明らかになったが、Kuoによれば20W電源アダプタはパッケージに同梱されず別売りのオプションとして用意されるそうだ。

20W電源アダプタの発売に伴い既存の5W/18W電源アダプタは販売終了となり、今年後半には新しいiPhone SEのパッケージからも5W電源アダプタが同梱廃止になるとのこと。

これまでの噂によればiPhone 12は、5.4インチ/6.1インチx2/6.7インチの4機種ラインナップで全機種が5Gと有機ELディスプレイを搭載。デザインが大幅に変更されるようだ。

関連記事

コメント利用規約

過激な表現を用いたコメントは修正後に投稿するか削除します

攻撃的な表現を含む場合はIPアドレスを明記して公開します

コメントを残す

(任意)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

プロフィールアイコン

Yusuke Sakakura

iPhone・Androidやスマートスピーカーに関するニュースはもちろん、レビューも届けるブログメディア「携帯総合研究所」主宰。元システムエンジニア、iPhoneの料金を3社間で比較できるシミュレーターの開発も

Latest新着記事

LINEの使い方

2020/11/25
iPhone版LINEでフォント変更が可能に〜変更方法を解説

HomePod

2020/11/25
「HomePod」で家電を操作する方法

iPadの噂・最新情報

2020/11/24
新型iPad Pro、有機ELモデルが2021年後半に登場?

iOS 14

2020/11/24
Googleカレンダー、iOS 14のウィジェットに対応
Recommendこんな記事も読まれています