bubble bubble2 google-plus facebook facebook2 twitter instagram twitter2 cart

iPhone 6s、第2世代 Touch ID(指紋認証)搭載で驚きのスピードを実現

iPhone 6s / 6s Plus

iPhone 6s / 6s PlusのTouch ID(指紋認証)が脅威のスピードを実現

本日発売された「iPhone 6s / 6s Plus」には、第2世代のTouch IDが搭載されています。発表イベントでは「2倍の認証速度を実現しているんだ」とサラッとした発表になりましたが、実際に使ってみると驚きの速さを実現していました。

指紋認証が2倍高速化された第2世代「Touch ID」

まずは、従来の初代Touch IDの速さを確認しておきましょう。

iPhone 6 Plusに搭載された初代Touch IDも遅いという印象はありませんが、ホーム画面が表示されるまでにワンクッションあって速いという印象はありませんでした。

そして、第2世代のTouch IDを搭載した「iPhone 6s」はこちら。

ロック画面がほぼ見えない。ホーム画面が表示されるまでの時間は1秒以下ではないでしょうか。ワンクッションがありません。指を置くというよりも触るという感覚。まさに驚異的なスピード、爆速です。

両方並べて比較してみました。左が「iPhone 6 Plus」、右が「iPhone 6s」です。

iPhone 6s / 6s Plusが発表されたスペシャルイベントでは2倍高速化されていると明らかにされていましたが、体感速度はそれ以上のものがあります。これまで使ってきた指紋認証を搭載するスマートフォンの中で最も速いですね。

指紋の認証精度もとても良く、iPhone 6 Plusはうまく認証できないことが多々ありますが、iPhone 6sは百発百中です。気持ちいいぐらい指紋が認証されます。

ちなみに、iPhone 6s / 6s Plusでは、指紋認証の他にもCPUが70%高速化されたA9プロセッサ、下り300Mbpsに対応したLTE(国内ではドコモの下り255Mbpsが最速)や下り866MbpsのMIMOに対応したWi-Fiなど、あらゆる面で「高速化」が実現されていますが、体感速度が最も大きいのは指紋認証の高速化だと思います。

コメントを残す

コメント利用規約

コメントは承認後に表示されます

過激な表現を用いたコメントは修正後に投稿するか削除します

攻撃的な表現を含む場合はIPアドレスを明記してコメントを公開します

(任意)
(任意)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

プロフィールアイコン

Yusuke Sakakura

iPhone・Androidやスマートスピーカーに関するニュースはもちろん、レビューも届けるブログメディア「携帯総合研究所」主宰。元システムエンジニア、iPhoneの料金を3社間で比較できるシミュレーターの開発も

Latest新着記事

iPhone 11

2019/09/18
再更新:iPhone 11/11 Pro、RAMとバッテリー容量が判明。中国の認証機関から

NTTドコモ

2019/09/18
ドコモ、下り最大3.2Gbpsの「5Gプレサービス」を20日から開始。試作機も公開

Apple Music

2019/09/18
Perfume、サブスク解禁。全曲聴き放題に

Android

2019/09/18
Google、AirDropのようなAndroidの共有機能「Fast Share」を開発中
Recommendこんな記事も読まれています