bubble bubble2 google-plus facebook facebook2 twitter instagram twitter2 cart

iPhone 6s / 6s Plusの料金を比較――ドコモ・au・ソフトバンク

iPhone 6s / 6s Plus

iPhone 6s / 6s Plusの料金を比較――ドコモ・au・ソフトバンク

本日午後4時1分より予約受付が開始される「iPhone 6s」と「iPhone 6s Plus」の価格がドコモ、au、ソフトバンクより発表されました。

ようやく出揃ったので、どこが最も安いのか料金を比較してみました。

iPhone 6sの料金比較

docomoauSoftBank
一括購入時
16GB93,312円84,240円93,600円
64GB99,792円97,080円106,560円
128GB99,792円109,920円119,520円
新規契約(分割購入時)
16GB1,080円×24ヶ月
25,920円
670円×24ヶ月
17,367円
648円×24ヶ月
15,552円
64GB1,620円×24ヶ月
38,880円
1,205円×24ヶ月
31,233円
1,188円×24ヶ月
26,832円
128GB2,160円×24ヶ月
51,840円
1,740円×24ヶ月
45,100円
1,728円×24ヶ月
41,472円
MNP(分割購入時)
16GB432円×24ヶ月
10,368円
670円×24ヶ月
17,367円
648円×24ヶ月
15,552円
64GB972円×24ヶ月
23,328円
1,205円×24ヶ月
31,233円
1,188円×24ヶ月
26,832円
128GB1,512円×24ヶ月
36,288円
1,740円×24ヶ月
45,100円
1,728円×24ヶ月
41,472円
機種変更(分割購入時)
16GB1,080円×24ヶ月
25,920円
1,161円×24ヶ月
27,864円
1,065円×24ヶ月
25,560円
64GB1,620円×24ヶ月
38,880円
1,738円×24ヶ月
41,731円
1,605円×24ヶ月
38,520円
128GB2,160円×24ヶ月
51,840円
2,316円×24ヶ月
55,598円
2,145円×24ヶ月
51,480円

iPhone 6s Plusの料金比較

docomoauSoftBank
一括購入時
16GB99,792円97,080円106,560円
64GB99,792円109,920円119,520円
128GB99,792円122,760円132,480円
新規契約(分割購入時)
16GB1,620円×24ヶ月
38,880円
1,301円×24ヶ月
31,234円
1,188円×24ヶ月
26,832円
64GB2,160円×24ヶ月
51,840円
1,879円×24ヶ月
45,101円
1,728円×24ヶ月
41,472円
128GB2,700円×24ヶ月
64,800円
2,457円×24ヶ月
58,968円
2,263円×24ヶ月
54,312円
MNP(分割購入時)
16GB972円×24ヶ月
23,328円
1,301円×24ヶ月
31,234円
1,188円×24ヶ月
26,832円
64GB1,512円×24ヶ月
36,288円
1,879円×24ヶ月
45,101円
1,728円×24ヶ月
41,472円
128GB2,052円×24ヶ月
49,248円
2,457円×24ヶ月
58,968円
2,263円×24ヶ月
54,312円
機種変更(分割購入時)
16GB1,620円×24ヶ月
38,880円
1,738円×24ヶ月
41,731円
1,605円×24ヶ月
38,520円
64GB2,160円×24ヶ月
51,840円
2,316円×24ヶ月
55,598円
2,145円×24ヶ月
51,480円
128GB2,700円×24ヶ月
64,800円
2,894円×24ヶ月
69,465円
2,680円×24ヶ月
64,320円

MNPならドコモが最安。新規契約はソフトバンクが最安。機種変更はドコモとソフトバンクが僅差。

まず、端末価格から比較すると、ドコモが全モデル10万円以内におさえていて特にiPhone 6s Plusは他社よりも圧倒的に安く設定されています。一方、2年間の端末利用を条件に割引を行う月々サポート、毎月割、月月割といった「サポート割引」については、MNPをのぞいてauとソフトバンクが割引額を高く設定しています。

ついつい目が行ってしまうのは実質負担額ですが、この価格はキッチリ2年間、iPhone 6sまたはiPhone 6s Plusを使い切った場合の話です。

端末価格が高くても、実質負担額が安い場合はサポート割引の影響で安くなるわけですが、その場合に懸念されるのはサポート割引を受けられなくなった場合に実質負担額が跳ね上がるということです。いずれのキャリアも解約だけでなく、機種変更した場合もサポート割引が受けられなくなるので注意が必要です。

コメントを残す

コメントは承認後に表示されます

過激な表現を用いたコメントは修正後に投稿するか削除します

(任意)
(任意)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

プロフィールアイコン

Yusuke Sakakura

iPhone・Androidやスマートスピーカーに関するニュースはもちろん、レビューも届けるブログメディア「携帯総合研究所」主宰。元システムエンジニア、iPhoneの料金を3社間で比較できるシミュレーターの開発も

Latest新着記事

Appleニュース

2019/03/25
今夜、Appleのスペシャルイベントにケビン・デュラントが参加する?

スマホアプリ

2019/03/25
ディズニー、今夏からファストパスを並ばずスマホで取れるように

Kindleセール情報

2019/03/24
Kindleストアで小学館デジタルの2018年下半期ベスト売上フェアが開催中

Appleニュース

2019/03/23
Apple、ゲーム遊び放題の月額サービス発表か〜iPhone/iPad向け
Recommendこんな記事も読まれています