bubble bubble2 google-plus facebook facebook2 twitter instagram twitter2 cart

iPhone 7の実機がリーク、レーザーAF対応のカメラ搭載か

iPhoneの噂・最新情報

iPhone 7の実機がリーク、レーザーAF対応か

Image by Weibo

今秋発売が予想されるiPhone 7 / 7 Plus。ここ最近、図面が連続的にリークされていますが、今度は実機がリークされました。

iPhone 7の実機がリーク、デザインに大きな変化なし

Weiboに投稿されたiPhone 7とされる実機は、iPhone 6sとほぼ同じデザインながら、背面が多少異なっています。具体的には、背面を横断していた樹脂製のパーツが消失しており、いわゆるDラインではなくなっています。

iPhone 7の実機がリーク、レーザーAF対応か

Image by Weibo

カメラの隣には小さい黒い点が追加されており、この画像を投稿した人物はレーザーオートフォーカスと述べています。

本物かどうか疑わしい実機ですが、9to5Macでは、樹脂パーツの先端がわずかに先細っていることから、Photoshopなどの加工によるものではないとしています。

What’s different here compared to other leaks, however, is how the antenna line design tapers off at either end. This attention to detail implies that this is perhaps not a simple Photoshop job like we’ve seen in the past.

引用元:Purported iPhone 7 images show new tapered antenna design, possible laser auto-focus feature | 9to5Mac

暗所でのオートフォーカス速度・精度を向上する「レーザーAF」

レーザーオートフォーカスは、既に多くのAndroidスマートフォンで採用されているカメラ機能で、赤外線を利用して被写体との距離を測定してフォーカスを合わせるというもの。

通常、暗い場所ではフォーカスが合わせづらく、精度・速度ともにスピードが悪くなりますが、レーザーオートフォーカスを搭載したスマートフォンならば暗い場所でも瞬時にフォーカスを合わせることができます。

気になるのは、レーザーオートフォーカスを搭載したASUS Zenfone 2 Laser、LG G3、Galaxy J5/J7では、それなりの大きさを持ったパーツが採用されていること。これがホントにレーザーオートフォーカスとしての役割を果たすのでしょうか。従来とは異なる方式でレーザーオートフォーカスが実現される可能性もあります。

iPhone 7の実機がリーク、レーザーAF対応か

カメラ右隣の黒い長円形がレーザーAF / Zenfone 2 Laser

コメントを残す(承認後に表示されます)

(任意)
(任意)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

プロフィールアイコン

Yusuke Sakakura

iPhone・Androidやスマートスピーカーに関するニュースはもちろん、レビューも届けるブログメディア「携帯総合研究所」主宰。元システムエンジニア、iPhoneの料金を3社間で比較できるシミュレーターの開発も

Latest新着記事

スマホアプリ

2018/12/12
ポケモンGO、アップデートで新機能「トレーナーバトル」を追加

ソフトバンク

2018/12/12
ソフトバンク、超軽量の「AQUOS zero」を12月14日から予約開始。発売日は12月下旬以降

スマートスピーカー/スマートディスプレイ

2018/12/12
4割超がスマートスピーカーに興味なし。所有率トップは「Echo Dot」

iPhone 7

2018/12/11
ワイモバイル、「iPhone 7」を12月20日発売。価格は実質3.3万円〜に
Recommendこんな記事も読まれています