bubble bubble2 google-plus facebook facebook2 twitter instagram twitter2 cart

iPhone10周年モデルは「iPhone X」で確定か

iPhoneの噂・最新情報

iPhone10周年モデルは「iPhone X」で確定か

iPhone 8/iPhone Edition/iPhone Pro/iPhone Xなどいつもの呼び名が付いていたiPhone10周年モデルの正式名称は「iPhone X(アイフォンテン)」となるようだ。

GM版「iOS 11」いわく、10周年モデルは「iPhone X」

これまでiPhone 8シリーズに関して数多くの情報をHomePodのファームウェアやベータ版のiOS 11から正確に読み取ってきたSteve T-S氏(@stroughtonsmith)は、Appleが日本時間9月13日に開催するスペシャルイベント「iPhone 8」「iPhone 8 Plus」「iPhone X」を発表するようだと伝えた。

同氏がGM版「iOS 11」内の製品名などが記述されているDeviceTreeをgrep検索にかけた結果「iPhone X」と「iPhone 8」がヒットしたようだ。DeviceTreeに記述されている名前と製品名が異なる場合があるかもしれない(ないかもしれない)、としているため100%ではないものの非常に高い確率で「iPhone X」となりそうだ。


「iPhone X」になった理由とは

iPhone10周年モデルの名前はこれまでで最も予想を困難にした。

最初に報じられたのは「iPhone 8」(その他のモデルは「iPhone 7s」)だったが、同じ時期に発売するモデルにおいてシリーズに差を付けることはないと予想していた。

次に報じられたのは「iPhone Pro」だが、Benjamin Geskin氏が指摘するとおりAppleは高性能なデバイスのみ“Pro”の名前を授けていた。新型iPhoneにはすべて同じ性能のA11チップが搭載されることから「iPhone Pro」の線もなくなった。

複数のメディアは「iPhone Edition」になると報じた。高級路線のApple Watch Editionと同じラインになるとの理由だった。否定する理由は特にない。

そして、最後に登場したのが「iPhone X」だ。“X”はローマ数字で“10”を意味し、10周年であることを強く印象づける。当初「iPhone X」を名乗れるのは今年だけで来年の11周年から製品名を再度変える必要があるため、信憑性は低いと思っていた。

しかし、よくよく考えてみるとiPhoneのナンバリングがこのまま9,10,11と続くことはなく、どこかでiPadのようにリセットまたは廃止になる可能性がある。

2018年のiPhoneでTouch IDを搭載する従来型のiPhoneが廃止となり、有機ELのベゼルレス仕様に一本化するのであれば、ナンバリングを廃止して「iPhone」として登場する可能性がある。そうなった場合は「iPhone X」の線も捨てきれないと感じていた。


コメントを残す(承認後に表示されます)

(任意)
(任意)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

プロフィールアイコン

Yusuke Sakakura

iPhone・Androidやスマートスピーカーに関するニュースはもちろん、レビューも届けるブログメディア「携帯総合研究所」主宰。元システムエンジニア、iPhoneの料金を3社間で比較できるシミュレーターの開発も

Latest新着記事

Appleニュース

2018/10/17
福岡か川崎か?新しいApple Storeの2019年オープンを予告

スマホアプリ

2018/10/17
速報:ポケモンGO、シンオウ地方の第4世代ポケモンが登場

Amazon

2018/10/16
ついに低価格・防水モデル登場。新型「Kindle Paperwhite」が13,980円で発売

Appleニュース

2018/10/16
Apple渋谷、10月26日午前8時にリニューアルオープン
Recommendこんな記事も読まれています