bubble bubble2 google-plus facebook facebook2 twitter instagram twitter2 cart

LINE、クレカ・銀行と連携して家計簿を自動作成する「LINE家計簿」をリリース

LINE

LINE、クレカ・銀行と連携して家計簿を自動作成する「LINE家計簿」をリリース

11月12日、LINEが“楽しく続ける。楽しくたまる。”をコンセプトにした家計簿・資産管理サービス「LINE家計簿」の提供を開始した。

収入や支出を手入力で入力するのではなく、クレジットカードや銀行、電子マネーなどから家計簿を自動作成できるサービスになっている。

無料で使える家計簿自動作成サービス「LINE家計簿」

LINE、クレカ・銀行と連携して家計簿を自動作成する「LINE家計簿」をリリース

「LINE家計簿」は、家計簿をつけたことのない人や、これまでなかなか家計簿をつけることが続かなかった人でもLINE上でカンタンに収支の記入・管理ができる完全無料の個人向け会計簿・資産管理サービス。

サービスはApp StoreとGoogle Playストアで配信されるアプリ版とLINEのウォレットタブからアクセスできるLINE版の2種類が提供されている。

アプリ版は、銀行やクレジットカード、電子マネーなどの金融サービス、LINEポイントやその他各種ポイントサービス、ECサービスとの連携に対応しており、情報を一括で管理して家計簿を自動で作成できる。また、スマホ決済サービス「LINE Pay」での送金や支払い、チャージなどの利用履歴を自動で取り込んで「LINE家計簿」に反映できる。

LINEアプリ上で利用できるLINE版は、機能が限定されたサービスで、LINEアプリからすぐに起動して収支の記録や連携した金融サービスの情報を確認することができる。

なお、今後は家族や恋人など「LINE」上の友だちといっしょに貯金や収支・資産が共有できるグループ機能の提供を提供しているとのこと。

LINE、クレカ・銀行と連携して家計簿を自動作成する「LINE家計簿」をリリース

「LINE家計簿」の機能

LINE家計簿

関連記事

コメント利用規約

過激な表現を用いたコメントは修正後に投稿するか削除します

攻撃的な表現を含む場合はIPアドレスを明記して公開します

コメントを残す

(任意)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

プロフィールアイコン

Yusuke Sakakura

iPhone・Androidやスマートスピーカーに関するニュースはもちろん、レビューも届けるブログメディア「携帯総合研究所」主宰。元システムエンジニア、iPhoneの料金を3社間で比較できるシミュレーターの開発も

Latest新着記事

au

2020/10/27
UQ mobile、20GB・月額4,000円以下の新料金プラン投入か。auは値下げせず

NTTドコモ

2020/10/27
dポイント、ビックカメラやコジマで利用可能に。上限1000ポイント、2倍還元も

AirPods

2020/10/27
AirPods Studio、ヘッドバンドに問題発生で延期。交換不可に?

AirPods

2020/10/26
AirPods 3、短いステム(うどん)に変更か。AirPods Pro 2はステム廃止の噂
Recommendこんな記事も読まれています