bubble bubble2 google-plus facebook facebook2 twitter instagram twitter2 cart

何が変わった?今月もLINE Payで最大20%還元「Payトク」がスタート

LINE Pay

LINE Payで最大20%還元「Payトク」がスタート

モバイル決済・送金サービスの「LINE Pay」(ラインペイ)で、支払い額の最大20%を還元する期間限定のキャンペーン「Payトク」がスタートした。

昨年末から好評だったキャンペーンは今月から内容が大きく変わっているため注意が必要だ。

これまでの「Payトク」

「Payトク」はLINE Payで毎月末に開催されている定期キャンペーン。PayPayの100億円あげちゃうキャンペーンに対抗して2018年12月にバージョンアップしたことで大きな注目を集めた。

キャンペーンの参加登録は不要。LINE Payを使って対象の店舗と対象の支払い方法で支払うだけで決済額の20%がLINE Pay残高として還元されていた。

さらに、今年3月に開催された史上最大の還元祭「春の超Payトク祭」ではLINE PayカードやQUICPay+(Android限定)も対象に追加。より魅力的なキャンペーンになったが、今月のPayトクは還元率や還元方法、支払い方法が大きく異なる。

何が変わった?今月の「Payトク」

まず還元方法がLINE Pay残高からLINE Payボーナスに変更されている。300億円祭を機に追加されたLINE Payボーナスは、1ボーナス=1円としてLINE Pay加盟店や友だちへの送金に利用することもできる。LINEポイントと併用して支払うことも可能だ。

ただし、LINE PayカードやQUICPay+、税金や一部公共料金などの請求書支払いでLINE Payボーナスを利用することはできない。銀行口座への出金もできないため、LINE PayボーナスはLINE Pay残高に比べて価値が低い。

Payトクの還元率も変わった。当初のPayトクは還元率が20%だったが、3月に実施された「春の超Payトク祭」を最後に15%に変更されている。今月も15%だ。LINE Payが謳っている最大20%は2019年7月末まで実施されているコード支払いで3%のLINEポイントが還元されるキャンペーンと、前月の決済額に応じて最大2%のLINEポイントが還元されるインセンティブプログラム「マイカラー」を合わせたもの。

今月のPayトクはダウングレードではあるが、3月と4月のPayトクは大盤振る舞いと言える内容だった。5月も300億円分を付与するキャンペーンも実施していることを考えれば、Payトクの内容が少し落ち着くのも仕方がない。15%の還元率でも還元方法がLINE PayボーナスでもLINE Payが日常のお財布になっている人にとってはありがたいキャンペーンだ。

ちなみに、キャンペーン期間中に1度でもLINE Payの専用アプリを使って支払うと還元額の上限が5,000円から10,000円に引き上げられるため、忘れずに利用しよう。

6月の「Payトク」まとめ

コメントを残す

コメント利用規約

コメントは承認後に表示されます

過激な表現を用いたコメントは修正後に投稿するか削除します

攻撃的な表現を含む場合はIPアドレスを明記してコメントを公開します

(任意)
(任意)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

プロフィールアイコン

Yusuke Sakakura

iPhone・Androidやスマートスピーカーに関するニュースはもちろん、レビューも届けるブログメディア「携帯総合研究所」主宰。元システムエンジニア、iPhoneの料金を3社間で比較できるシミュレーターの開発も

Latest新着記事

Googleニュース

2019/06/27
Google、アプリの履歴・位置情報など自動削除できる新機能を公開

Apple Music

2019/06/26
ようやく日本でも「アレクサ、Apple Musicで曲をかけて」が可能に

スマホアプリ

2019/06/26
スタバアプリ、アップデートで新サービス「モバイルオーダー&ペイ」に対応

未分類

2019/06/25
au PAYと楽天ペイ、共通QRコードを導入。対象加盟店で両方の決済可能に
Recommendこんな記事も読まれています